台風21号の災害対策時のオススメの対応は?!

SponsoredLink
SponsoredLink

かなり速度の速い台風21号。

大阪の上陸して猛威を奮っていましたが
大阪の大和川付近はかなり治まってきたようです。

ただ、台風が治まったように見えた後も
増水は起きる可能性がありますので
ハザードマップや地方自治体の情報を注視して
帰宅するようにすることがオススメです。

 

参考:

大和川や桂川の水位が危険!ライブカメラでチェックしての行動を

伊勢湾台風の進路や被害状況とは?台風21号の被害対策はなにが必要

台風21号の災害時の対応方法がコレ!

今回の台風では河川の増水、浸水以外にも
停電が起きる可能性があります。

必ず懐中電灯を事前に用意しておくほうが良いです。

台風の真っ只中にいる時などは、日が明けたあとでも
周りが暗い可能性がありますので、視界を保つためにも
準備しておくことをオススメします。

 

また雨風がひどい状況となり、
もちろん傘などは利用できない可能性がありますので
カラダを冷やさない程度の衣服を身に着けて
カッパを来ておくことをオススメします。

可能であれば長靴などもあれば良いです。

 

それ以外にも
情報をえるために必要な携帯電話の充電を十分にしておく、
断水の準備にお風呂に水張って(トイレ用)、
飲食用にヤカンや容器に水貯めておいて下さい。

 

情報はテレビでえることができない
可能性なども考えられますのでお持ちでしたら
ラジオをもっていくのも良いかと思います。

災害時に大事なのはいかに情報をえるかという
ところですので台風が来ている地域以外の方は

不要なSNS利用を控える。
またライブカメラなどを好奇心で開かないなどの
協力をいただくことができたらと思います。

 

SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。