U-NEXT
海外ドラマなど80,000本の動画が31日間無料で見れる!
⇡スマホでもサクサク見れる動画配信サービスが今だけお試しデキる⇡

【映画】冬きみのネタバレと感想、映画を楽しむ伏線ポイントを紹介

3月10日より全国ロードショーの映画「去年の冬、きみと別れ」。

通称「冬きみ」を見てきたのであらすじと、感想をお伝えします。

ところどころネタバレとなってしまいますので、映画を見る前で映画を楽しみたいなら、これ以上は読まない方がいいですよ。

 

冬きみは、「教団X」「悪と仮面のルール」で知られる芥川賞作家の中村文則のサスペンス小説を映画化したものです。

この本は俳優をされている綾野剛さんの愛読書でも知られています。

 

映像化不可能と言われた原作に対して、脳男などで知られている瀧本智行監督が大胆な方法と画面構図で映像化に望んだ作品です。

主演はEXILE・三代目J Soul Brothersのメンバーでもある岩田剛典さんが、事件の謎を追うジャーナリストを熱演されています。

去年の冬きみと別れの登場人物を紹介!キーパーソンはこの人

2018年3月に封切りになった「去年の冬、きみと別れ」は、主題歌をm-floに復活を果たしたLISAが新曲「NEVER」でしっとりと歌って最後を盛り上げてくれています。

そんな作品に登場人物は・・・

耶雲(やくも)恭介(岩田剛典):KY
盲目のモデルが焼死した事件の真相を追う無名のフリーライター。

松田百合子(山本美月):YM
恭介の婚約者。

木原坂雄大(斎藤工):YK
鬼才のカメラマン。
撮影中に盲目のモデルが焼死した事件を起こした暗い過去のある男。

木原坂朱里(浅見れいな):RK
雄大の姉。雄大への異常な愛情を持っています。

吉岡亜希子(土村芳):AY
焼死した盲目のモデル。

小林良樹(北村一輝):YK
恭介が記事ネタを持ち込んだ先の編集者。

それ以外にも百合子が務めるレストランの店長や、木原坂の弁護をする弁護士など登場しますが、メインの登場人物はこの6人です。

そして、この物語、ストーリーの要となるキーパーソンは、出演場面は主人公に比べて少ないですが、実は小林良樹なんです。

何気なくご紹介している各登場人物のイニシャルも映画の中では、後々大きな意味を持ちますので、楽しむためにも覚えておくことをオススメします。

去年の冬きみと別れのネタバレあらすじをご紹介!

映画の始まりは、盲目の女性が点字の手紙を書くところから始まります。

盲目の女性は、その後カメラ撮影に臨みますが、途中で撮影に使っていた火が燃え広がり女性は焼死。

その撮影をして、焼死していた姿を嬉々として撮影し続けるカメラマン木原坂雄大が映し出されます。

その後、雄大は一旦警察に逮捕されるも、物証が乏しかったこともあり、本人の助けることもできなかったとの証言から、殺人から保護責任者遺棄致死へ罪状が変更され、執行猶予で保釈されます。

[aside type=”warning”]

ここまで描かれた後に、タイトルコール・・・そして、章区切り。。

そのまま見ていると気づかないですが、実はタイトルコール・表示された章区切りも全てストーリーの中の伏線になっています。

この部分の伏線は、後々回収されて、驚きの結末を知る時に「なるほど!」と思えるポイントです。

[/aside]

 

タイトルコールの後からは、主人公である新人ライター耶雲(やくも)恭介が、木原坂雄大が起こした事件の真相を探りたいと、小林良樹が編集者を勤める出版社に企画を持ち込んできたところから始まります。

小林はあまり乗り気ではありませんが、編集長のゴリ押しで耶雲の企画にGoサインが出ます。

結婚を控えて、結婚後は出来ないであろうという危険な臭いのする密着取材にGoサインが出たことで耶雲は、いの一番に木原坂のスタジオに取材を申し込みます。

木原坂自身も、それまで多くの雑誌記者に書きたい放題書かれていることに嫌気がさし、あまり乗り気ではありませんが、耶雲のある一言を耳にしたことで、面白みを感じ暇つぶしがてら密着取材を引き受けます。

木原坂にもOKをもらったことで、木原坂を知る関係者に次々に取材を申し込み、耶雲はドンドン取材にのめり込んでいきます。

そんな耶雲に距離感を感じてしまった婚約者・松田百合子は、

能舞台で出会った木原坂の

「あなたは本当の自分を知らない。僕が本当の自分を教えてあげる・・・」という誘いに乗り、

木原坂の写真のモデルになることを引き受けます。

 

でも、それがキッカケとなり、松田百合子は木原坂が以前起こした事件と同じように、撮影中に手錠をかけられて撮影現場に放置されていた時に、周りにおいておいたローソクの火が引火して焼死してしまいます。

百合子が死ぬ瞬間を木原坂邸に乗り込んでいた耶雲と小林は、目の前で目撃します。

自分が放ったらかしにしたため、婚約者の百合子を死なせてしまったと傷心する耶雲。

 

・・・これが表側のストーリーです。

それでは、これから裏側のストーリーに気づくための伏線ポイントをお伝えしていきます。

映画「去年の冬、きみと別れ」を楽しむための伏線ポイントがこれ!

実は、予告編で公開されているEXILEの岩田剛典さんこと耶雲が見せる、この笑顔・・・これも謎解きのあとは、驚愕な感じを覚える一画面になります。

予告編にも多くの謎を解く鍵がありますので、注意深く見てみることを・・・可能であればスローモードで見てみるのが、この映画を楽しむ一つのポイントでもあります。

私は映画を見てしまった後に、その秘密に次々に気づき、びっくりしました^^;

 

それでは予告編以外の部分、本編でいたるところに張り巡らされている伏線をご紹介します。

伏線を事前に知っておいて考えながら見ると、途中でネタに気づいてしまうことにもなりますので、純粋に映画を楽しみたい場合は、これ以上先を見ることをオススメできません。

それでもどうしても伏線を知りたいという場合は、どうぞ!

映画「去年の冬、きみと別れ」のタイトルコールの背景場面の意味

映画のタイトルコールの画面では、どこか分からない寒々しい冬の海と流木が映し出されます。

基本、映画はタイトルには大きな意味合いがあって、その後ろに映し出される映像にも作品に大きく関わりがあります。

 

しかし、タイトルコールの後に映し出される場面は、寒々しい冬から一転して夏の場面のみ。

タイトルコールの冬に繋がるところは、何一つなく。見ていると「あれっ?」なぜアソコは冬だったのかな?何か意味があるのかな?と考えさせられます。

最終章でその結末は明らかにされますが・・・。

タイトルコール後、いきなり第二章の場面からはじまる意味は?

映画「去年の冬、きみと別れ」は、ある本を元に作られたように区切り区切りで「第○章」という表示が出てきます。

最初は序章から始まりますが、よくよく見ていると第1章が抜けて、いきなり第2章からいきなり場面展開が始まります。

 

何気ない、しかも一瞬の表示だけなので見逃してしまいがちですが、第1章が欠落していることも実はミスリードを生みだす伏線なのです・・・。

第1章の部分は、映画後半で描かれていますが「えっ?!そこの部分が第1章なんだ!」と知った時には、なるほど!という感じとダマされたという二つの感情が出てきます。

耶雲(やくも)恭介の過去の経歴

耶雲が木原坂の過去を思いのほか、ドンドン暴いていくことに焦りを感じた編集者・小林良樹は、部下である別の編集者に耶雲(やくも)恭介の過去の経歴を洗うように指示を出します。

 

後日、経歴を洗っていた編集者が「耶雲(やくも)恭介というフリーライターはいません。過去にライターとしてやっていた実績もありません」と報告をしてきます。

通常フリーライターになるには、ライターとしてどこかの出版社などで勤め、実績をつんだ上でなることがほとんどなので、経歴がないということは、ありえないことなんです。

ということは、耶雲(やくも)恭介という名前は偽名なのか?という疑問が生まれてきます。

 

なぜ偽名なのか?偽名で○○できるのか?

この部分を深く考えることで今まで用意されていた伏線が明らかになっていくはずです・・・。

私はこの時点から、場面・場面の違和感を感じるようになりました。

耶雲の素性などはオイオイ明らかにされていくのですが・・・この違和感を辿っていくことで明らかにされる前に謎解きをすることができました。

まとめ

映画の伏線は、他にも多々ありますが大きな違和感を感じる伏線は、これまでお伝えしてきた3つとなります。

この3つと、先にお伝えしたイニシャル部分を意識ながら見ることでより一層映画を楽しむことができると思います。

 

EXILE・三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんが、取材をしつつ、百合子とのことで苦悩していく主人公を演じる演技力や、斉藤工さんとの激しい掛け合いも注目の見所の一つです。