君の膵臓を食べたい あらすじ

君の膵臓を食べたい あらすじ

2017年に放送された映画「君の膵臓を食べたい」は、泣ける映画ランキングにランクインするほど切なく、見ると涙が止まらなくなるストーリーです。

多くのファンが何度も映画館に足を運んだことでも話題になり、キミスイの愛称で親しまれた映画「君の膵臓を食べたい」のあらすじを、この記事では大暴露していきます。

 

映画「君の膵臓を食べたい」は、あらすじを知った後に見ても感動できますが、まだ見たことがない場合は一度先に見てみることをオススメします。

こちらの方法なら「君の膵臓を食べたい」を無料で見ることができますよ。

→ 君の膵臓を食べたいを無料で見るならこちら

 

『君の膵臓を食べたい』の作品紹介

【映画】君の膵臓を食べたい(キミスイ)の基本情報

映画君の膵臓を食べたいの公開日:2017年7月28日から全国映画館で上映。

出演者:浜辺美波、北村匠海、大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔、北川景子、小栗旬

原作:君の膵臓をたべたい [ 住野よる ](双葉社刊)

主題歌:Mr.Children「himawari」

 

◆あらすじ・ストーリー

君の膵臓を食べたいのあらすじ
共学高校の国語の教師をしている【僕】(小栗旬)こと志賀春樹は、周りにうちとけるもなく寡黙に淡々と授業をこなしていた。

辞職をしようか悩んでいた時・・・母校でもある学校の図書館が老朽化したため、取り壊しが決定する。

春樹に、図書館の本の整理を生徒とともに行ってくれるようにと依頼されます。図書館に仕方なしに入り、生徒と共に整理をしていると、女の子の聞きなれた声を耳にし、懐かしい自分の高校時代の記憶が呼び覚まされます。

 

12年前、【僕】(北村匠海)は、盲腸になったため通院していた病院の待合室で”ある一冊の本”を拾います。その本の名は、「共病文庫」という日記でした。

日記の持ち主は、同じクラスの山内桜良(浜辺美波)。普段は天真爛漫でクラスの中心にいて、人気者だった桜良。

でもその明るさとは裏腹に膵臓(すいぞう)の病気を抱え、生死の現実と常に向き合わなくてはならない体であることを、日記を少し読んでしまった【僕】は知ることになります。

桜良は、秘密を知ったからには責任とって!と【僕】に言います。

その日から友達以上、恋人未満のような関係という微妙な立ち位置で2人は、桜良の「共病文庫」にかかれた「死ぬまでにしたいこと」を実行していくことになります。

途中、桜良と【僕】の関係が恋人になるのか?!と思わせる場面もありドキドキしつつも意外な展開も用意されています。

 

そして最後は桜良の死。でもその死因は病気ではなかったという意外性をもちつつラストへ。。

桜良の墓前で、【僕】が桜良の母親に聞くように口にする「もう泣いてもいいですか?」。この言葉を聞いた時、あなたはきっと、涙が止まらなくなってしまうはず・・・・<続きは動画で>

まとめ

映画「君の膵臓をたべたい」のあらすじをお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?!

胸がキュンキュンして恋の楽しみを感じたい、感動して涙が止まらなくなるほど泣きたいという場合には、ピッタリの映画です。

今すぐ無料で見たいという場合は、U-NEXTがオススメです。高画質でフル無料視聴をすることができますよ。

→ 映画「君の膵臓をたべたい」を今すぐU-NEXTでフル無料で見るならこちら



君の膵臓を食べたい あらすじ