サモハンキンポーの急死説はうそだった!現在の姿がびっくり

サモ・ハン・キンポーって
知っていますか?

40代世代に人たちには
馴染み深い方なんですが、

10代、20代の人は
もしかしたら知らないかもしれませんね。

 

ちなみに昔の顔は、
こちらの左側のような顔でしたw

 

 

1970年代、80年代に
香港の有名俳優であるジャッキー・チェンと
たびたび共演をして、

おバカだけど、
日本人に憎めないキャラで愛されていました。

 

ジャッキー・チェンとの共演作の
ほとんどで、コメディな立ち回りをして
お茶の間を笑いの渦に巻き込みました。

(あっ~懐かしいです(遠い目・・))

 

一時期は、
急死したというウワサが香港メディアで
流れたので、

「えっ!?マジで死んじゃったの?!」と

驚いた人も多くいたようですが、

どうやら、
急死したというウワサは嘘だったようです。

 

サモ・ハン・キンポーは生きていた!マツコが絶叫した理由とは?

久々に懐かしいサモ・ハン・キンポーが
注目を浴びているのは、

明日2017/4/4に
TOKYO MX「5時に夢中!」が出演することが
番組終わりに発表されたら

コメンテーターとして出演されていた
マツコ・デラックスさんが絶叫したことが
原因のようです。

 

マツコさんの影響力のすごさを
感じる結果になったのですが、

マツコさんが絶叫するのも無理はないと
思います。

 

前述のように死亡説も出ていましたし、
ここ最近メディアへ全く露出していなかった
サモ・ハン・キンポーさん。

 

マツコさんにとっては、
世代的にジャストミートしているので、

子供の頃に見た映画などのイメージと
出演すると告知で表示された現在の顔が
違いすぎたこともあって絶叫したのではないかと
推測されます。。

 

若かりし頃に
出演されていた映画などをまとめていた動画が
ありましたので見てみると違いにびっくりされると
思います。

サモ・ハン・キンポーの現在の顔がびっくり!こんなに変わる~~ww

サモ・ハン・キンポーの現在

こちらが現在のサモ・ハン・キンポーさんのようですが、
昔のおバカキャラから一転。

貫禄のあるおじいちゃんキャラになっていますね。

 

弱々しかったイメージでしたが、
65歳という年齢相応の顔になり、

その上、なんでもできそうな顔立ちに変わっていて
かなり驚きました。

 

今回は
この自分が監督・主演をつとめている映画の番宣としての
出演だと思いますが、

明日番組に出た時に
どんなことを語るのかた楽しみですね^^

 

SponsoredLink
SponsoredLink
大手上場企業にてBPO・コールセンター業界において業務改善を担当。 転職経験が5回ありますが、各業界・各企業で利用できる普遍的な改善方法、業務改善の方法を独自手法であみだして実践。主任クラスの社員の残業を月トータルで60時間短縮するのを皮切りに、 顧客から寄せられた声を分析して新商品を開発に貢献し1億円以上もの 利益を会社にもたらした経験あり。

こちらの記事も読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ