ポケモンgoの配信日は7月22日!遊び方と注意点はなに?

SponsoredLink
SponsoredLink

ポケモンgoの日本配信日はいつ?!

海外で先行配信されて、
色々な事件や事故が発生していることで
注目が集まっているポケモンgo。

日本での配信日が延期されたことによって
多くのユーザーの注目を集めていました。

 

しかし、
待ちに待った配信日は・・・・7月22日になったようです。

配信された22日は、サーバーダウンするほどの
人気が集中したようですね。。。

 

みんながどれほど注目して
待ちに待っていたかが分かる反応だと思います。

サーバーがダウンした結果、
アプリをダウンロードした人もポケモンgoを遊ぶことが
できず、PS3や他のゲーム機器でポケモンを遊んで
気を紛らわせている人もいるようです。

 

そんな人気・注目が集まっている
ポケモンgoですが、海外で起きた事件や事故を
見ながら、使用上の注意点を見ていきたいと思います。



ポケモンgoの事故がひどすぎる?!事件・事故総括3選

ポケモンgo 交通事故

ポケモンgoは
拡張現実(AR)機能という技術を使用して
特定の場所に特定のモンスターを表示することで
遊ぶことができるゲームです。

このため、
レアキャラのモンスターなどを捕獲するため
他人の私有地に侵入したり、
崖の向こう側のキャラを捕獲するため転落したりという
事故が相次いでいる状況です。

 

アメリカを始め、海外で発生している
危険な事故・事件3選を厳選してお伝えします。

夢中になりすぎて地雷地帯に侵入?!

ポケモンgoのキャラが建物にある時は、
その建物に近づくと捕獲できます。

しかし、
捕獲することに夢中になるあまり、

オーストラリアでは警察署内に侵入をしたり、
ボスニアでは危険な地雷地帯に侵入をしたりと

命がけのゲームをしている始末。

 

ボスニアでは、
その後、ポケモンgo利用者にむけて

「地雷地帯には入らないで!!」

と警告がされたようです^^;

ポケモンを捕獲するために車を急停車で大事故発生?!

アメリカのマサチューセッツ州で26歳のラマー・ヒクソン。

高速道路を運転しながら
ポケモンgoをやっていたようです。

 

この運転しながらでも危険な状態で、
高速道路上で見つけたピカチュウを捕獲するために
なんとかなりの速度で走っていた車を

高速道路上で急停車しました。

 

その結果は、
お分かりの通り、史上最悪の大事故が
次々と発生しました。

 

この事故を受けて、
ハッシュタグ
「#dontpokemongoanddrive(ポケモンGOやめて運転しよう)」
というツイートがされるようになりました。

ポケモンgoに夢中で他人の家に侵入!?射殺された若者とは?!

日本人でフリーズと言われたにも
関わらずアメリカで他人宅に入って射殺された事件が
過去発生したこともありましたが、

今回ポケモンgo利用者でも同様の事件が
発生しました。

 

被害にあったのは
Jerson Lopez de Leonさん 18歳です。

 

いとこと一緒にポケモンgoで遊んでいたところ
夢中になってしまい他人の住宅に侵入。

そのことが原因で
住人に射殺されました。



ポケモンgoの遊ぶ際の注意点はなに?日本でも事故があった?

ポケモンgo

海外で大きな事故・事件を巻き起こしたポケモンgoですが、
日本で配信されるや否や、配信日当日にすでに事故が発生しています。

海外の事故に比べると全然小さいモノですが、

近畿大学の構内でポケモンgoをしていた大学生が
夢中になりすぎて、階段を踏み外して落下する事故が発生しています。

それ以外にも団地敷地内に無断で入ってきた人と
住人が口論に発生する事件も発生しているようです。

 

昔から根強いファンを持つポケモンですから
夢中になるのは分かるのですが、

やはりゲーム。
使用する場合には節度をもった利用をする必要があります。

 

大別すると注意点は次のようなものになると思います。

 

  1. 車・自転車の運転中は絶対にゲームを使用しない
  2. 移動しながらゲームを行う場合は、周りにも注意して行う。
    熱中してしまう場合には、友達と交互に行い、片方が周りに注意して
    危険を回避する
  3. 他人の住居・住宅には侵入しない

 

今までのゲームにはない特性をもったゲーム

ポケモンgoは
今後の新しいゲーム市場を開いたり

ビジネスの可能性を広げてくれるパイオニア的
位置づけですので、

今後同様にゲームで楽しく遊ぶためにも
節度をもった使用が求められます。

 

あなたがもし使用する場合は、
上記に上げたような注意点を守って
楽しく使用してください。



SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ