PL学園再建後川上祐一さんは監督継続するのか?2017年度から新規部員募集?

SponsoredLink
SponsoredLink

PL学園が昨年度から部員募集を停止しています。このため昨年は高校2年生12名のみで甲子園への大会に臨みました。

結果は惨敗!この結果は部員が少ないことと、ちゃんと野球の指導ができる人がいないことに起因する部分が大きいかと思います。

PL学園側からは今年の夏の試合をもって休部にすることも発表されていますので、名門PL学園もいよいよ廃部になるのか?!と思われましたが、なんと2017年度からは新規部員を募集するそうです。

現在の部員たちは複雑な心境なのではないのでしょうか?この発表により現部員からまだ暴力事件などが発生しないかどうかが懸念されます。

暴力事件の再発を防ぐための精神指導のために、今回の川上祐一新監督は選ばれたのでは?とも考えられるのではないでしょうか?



PL学園の2017年度に向けた硬式野球部増強施策はどんなものか?

PL学園側では既に2017年度の硬式野球部として再度、日の目を見るための施策が着々と行われているようです。

具体的な動きとしては、2015年8月段階で利用していたグラウンドの取り壊しして、甲子園球場と同じくらいの大きさの硬式野球部専用グラウンドをPL教団敷地内の別場所に建設するということです。

建設予定地には、別の建物が建っていたようですが、既に取り壊されているとのうわさがされております。ただ実際の着工予定は2016年春とされていましたので、まだ取り壊されていない可能性もあります。

そして、今回建設される専用グラウンドには、中学部の軟式用グラウンドが併設して作られるとのことです。

昨年度硬式野球部の再建について、PL学園側が伝えた中には、野球経験のある新監督の就任も含まれておりましたが、今回就任した新監督、川上祐一さんは未経験者。

これだけ見ると来年度以降は、川上祐一さんは監督継続しないようにも見受けられます。



PL学園 川上祐一新監督はドラマ【ルーキーズ】の川藤になれるか?!

luckys

漫画から派生してドラマになり、最後は映画までなった【ルーキーズ】という高校野球部再建の話があります。

このドラマでは、二子玉川学園高校、通称「ニコガク」の教師(国語)川藤幸一さんが、が硬式野球部の新監督になり、野球の知識はないながらも情熱で、野球部員たち一人一人と心を通わせていきます。

「夢にときめけ!明日にきらめけ!」というセリフが川藤幸一先生の定番の言葉です。

川藤幸一先生は、野球未経験ですが持ち前のバイタリティーで野球を独自で学び、バッティングセンターなどに行ってできるように練習して最後は、部員たちと一緒に甲子園優勝をする話です。

今回の川上祐一さんと状況的にかぶる部分が多々あるように感じるのは私だけでしょうか?

もし川上祐一さんが、このドラマの川藤幸一先生のように情熱で野球を学び、自分の時間を惜しまずに部員と心を通わせていくことができるなら、彼がPL学園硬式野球部を再建することもできるのでは?と夢見てしまいます。

ただ、ニコガクとPL学園では学校自体の力量が違いすぎますので、単一には測れないとは思いますが。。。

川上祐一新監督がそこまでのバイタリティーがあれば、2017年度以降、PL学園の硬式野球部が再建された後も監督継続するのではないかとも考えられます。

実際問題厳しいかとは思いますが、川上祐一新監督の今後の動向を見ていきたいと思います。



ルーキーズの主題歌「キセキ」

関連記事:

PL学園新監督川上祐一さんのプロフィール・Wiki!指導経験なしの監督の素顔とは?

PL学園新監督に川上祐一さんが選ばれた理由とは?お飾り監督か?

PL学園野球部再建は嘘?!川上祐一新監督就任に見るPL教団の戦略とは?

 

SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ