学資保険はいつから必要? お薦めの会社はどこ? 時期や選び方を徹底検証!

Sponsored Links



Sponsored Links



子育てってお金がかかりますよね。

生活費や食費はもちろんのこと、
家族が増えていくにしたがって支出もどんどん増えていきます。

中でも特に頭を悩ませるのは、
教育費ではないでしょうか。

子どもひとり当たりの教育費は、
幼稚園から大学までのトータルで公立ならば1002万円、
私立ならばなんと2400万円!

これは実際に、
私が子どもの学校のPTA研修会に参加した時に、
講師のファイナンシャルプランナーがお話していたことです。

驚きますね。

 

しかもこの数字は
習いごとや塾などを除いた分の金額なので、
何か一つでも習いごとをすると、
もっと加算される訳です。

普通に働いていて、
それだけのお金をかけられるのでしょうか?
正直厳しいのが現実ではないでしょうか?

そこに現れる強い味方が「保険」です!

入院1日○○円という医療保険と同じように、
学資保険があるのです。

ご存知の方もいらっしゃいますよね。

では具体的に学資保険とはどういうものなのか、
加入するタイミングやメリット・デメリット、
保険会社の選び方からお薦めの会社まで、
しっかり調べてお伝えします。

そもそも学資保険とは?

学資保険とは、
言葉の通り学費を補助する保険です。

保険料を継続して支払うことで、
まとまった教育資金が必要になった時に
お金を受け取れるシステムですね。

大抵は、大学入学時期が満期と設定される
ケースが多いでしょう。

それまでコツコツ支払ってきたお金を、
給付金として受け取ることが出来ます。

スポンサードリンク

貯金じゃダメ?学資保険との違いは?

それじゃ貯金と同じじゃない?

わざわざ保険に入らなくても、定額貯金をしていれば良いと思う…。
という考え方もあるでしょう。

ですが、
学資保険は貯金とは違います。

保険ですからね。

最も大きな違いとしては、
契約者(親)が亡くなった時、
その後の保険料が免除されるシステムがあるということ。

商品にもよりますが、
満期になるまで被保険者(子)に一定額の給付金が支払われる
「育英年金」というものもあります。

また、被保険者の病気や事故、怪我などでも
給付金が下りる商品も多数あります。

子ども自身はもちろんのこと、
子どもが関わった物損事故に対応してくれる商品もあります。

ここまでくると学資保険というよりは、
子どものための総合保険という感じですね。

様々なことに対応してくれる商品を選ぶか、
教育資金のみの商品を選ぶかで保険料も変わってきます。

何を目的とするのか、
夫婦でよく考えることが大事です。

保険の返戻率が大事?!

見てきたように備えは大切ですが、
元本割れは避けたいところです。

よく調べて、返戻率が良いところを選びましょう。

子どもの成人時期まで守ってくれる保険とはいえ、
マイナスになって戻ってくるのでは意味がありません。

保険をかけるからには、決して損はしたくないですからね。

学資保険のベストな加入時期はコレ!

教育資金としてだけでも、
総合的なニーズに応えてくれるものにしても、
子どもにも保険、学資保険は必要です。

それでは、
一体何歳頃から加入を考えれば良いのでしょうか?

幼稚園に入園するタイミング?
それとも小学校入学時??

そんなに早くなくても大丈夫なのかな…。
と色々考えてしまいますよね?

もちろん色々な選択肢がありますが、
加入時の契約者と被保険者の年齢によって
保険料は大きく変わります。

また大事なポイントですが
満期に受け取ることの出来る給付金の金額も違ってきます。

赤ちゃんのうちに入っておくのが一般的?

前述の通り、
子どもが大きくなって大学に進学するとしたら
最低でも1千万円以上はかかるといわれる現代。

まとまった教育費が必要となった時に
給付金を受け取ることができる有り難い学資保険ですが、
加入する時期というのが大きなポイントになってきます。

そもそも保険というものは、
加入時の契約者の年齢が若ければ若いほど
保険料が安くなりますね。

学資保険も例外ではなく、
契約者である親と被保険者である子どもの年齢で
保険料が決まります。

つまり、
加入するなら早い時期が良いということです。

学資保険は妊娠中から加入する選択もアリ?

実は学資保険の中には、
妊娠中から加入できる商品もあります。

もしものための備えですから、
赤ちゃんが生まれる前に加入するという方法も検討の余地アリですね。

万が一何かがあった時、
保険料は免除で満期に給付金を受け取ることができます。

では実際に、
学資保険を扱っている保険会社をいくつか比較してみましょう。

ソニー生命

ご存知の方も多いのではないでしょうか。
知名度の高い保険会社です。

ソニー生命の「学資保険スクエア」は
返戻率が110.3%前後。

業界でもトップクラスです。
担当ライフプランナーが丁寧で細かいプランを
提示してくれるので、安心して加入できます。

JPかんぽ生命

こちらは希望によって
医療保障もつけてくれる学資保険です。

支払いが12歳で終了するプランもあり、
これも魅力のひとつですね。

郵便局という安定感もポイントです。

フコク生命

フコク生命「みらいのつばさ」も
返戻率の良い商品です。

兄弟で加入するとさらに返戻率がアップするプランもあり、
ここが人気ともいえます。

子どもの人数が多ければ
それだけ教育費がかかりますから
戻ってくるお金が多くなるのはありがたいですよね。

まとめ

子どもの将来のために加入しておきたい学資保険。

兄弟がいると月々の保険料もかさばりますが、
ゆくゆくの学費のことを考えると、
やはり検討しておいた方が良いようです。

・学費だけではない総合的な保障内容も充実
・契約者(親)に万一のことがあっても、
保険料免除で給付金を受け取ることができる
・加入時期は早ければ早い方が良い
・保険会社によって様々なメリットを持つプランがある

子どもにかけるお金ですから、
じっくり調べてご家庭にあったものを選びましょう。

インターネットで保険料・給付金のシミュレーションを
してみるのもお薦めです。



Sponsored Links



Sponsored Links




会社に雇われずに生きていく方法

週休5~7日を帰りの切符を気にせずに思いつきで旅行に!
会社に雇われた生き方からそんな自由な生活を手に入れませんか?

今ならAmazon1位獲得した【自由な人生を手に入れる教科書】を無料でプレゼントしています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。