赤ちゃんに虫歯菌はうつる?いつからいつまで予防が必要

Sponsored Links



Sponsored Links



実は、
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には
虫歯菌はいません。

 

お父さんやお母さんと
スキンシップをはかっている間に、
大人の口の中にいる虫歯菌が子供にうつってしまうんです。

出来ることなら、
大人の歯に生え変わるまで、
一本も虫歯の無いまま過ごさせてやりたいと思う
お母さんがほとんどですよね。

虫歯菌がうつる原因と、
感染予防の方法を知って、
子供の白い歯を守りましょう!

 

2歳半までに決まる!?虫歯菌に感染してしまうリスクのピーク

歯が生え始める生後8ヶ月ぐらいから
虫歯菌に感染するリスクが発生して、
2歳半頃にはピークを迎えます。

この頃までに感染すると、
口の中に虫歯菌が増殖して
虫歯になりやすくなるんです。

しかも、
子供の歯は大人の歯に比べてやわらかいので、
すぐ虫歯になっちゃうんですよね…

 

でも、この頃までに虫歯菌が感染しなかったら、
一生虫歯が出来ない!というほど夢みたいな事にはならないけど、
その後の虫歯になる確率は格段に低くなるんです。

 

スポンサードリンク

虫歯菌が赤ちゃんにうつりやすいルートとは?

じゃあ、
どうやって虫歯菌は大人の口から、
赤ちゃんの口の中へとうつってしまうんでしょうか?

虫歯菌は、
だ液と一緒に口から口へとうつるので、

離乳食を食べさせる時に、
お母さんが自分の使ったお箸やスプーンで、
そのまま赤ちゃんに食べさせるというのが一番ヤバイんです。

 

それに、
家族でご飯を食べてても、
大人と一緒のお皿やコップを使うのもダメだし、
スキンシップにお口にチュッ…なんてこともアウト!!
全部、虫歯菌をうつしてることになっちゃいます。

2歳半までの間に、
普通にやってしまいそうな事ばっかりじゃないですか?

 

虫歯菌を感染しにくくするためには、どうすればいい?

完全に赤ちゃんに虫歯菌を感染させないっていうことは、
ちょっと難しいと思うけど、

少しでも感染時期を遅らせることが出来るなら、
頑張ってみる価値はあると思います。

では、どんなことに気をつけたらいいかのポイントは次の通りです。

1.赤ちゃんと同じスプーンやお箸は使わない

大人の口の中にある虫歯菌が
赤ちゃんの口へとうつってしまうので、
別々のものを使いましょう。

2.お父さんお母さんも、虫歯の治療をしよう

虫歯菌をうつしたくないために、
赤ちゃんとのスキンシップをとらないのは良くないから、

お父さんお母さんも歯医者に行って、
歯石を取ったりフッ素をぬったりして感染予防に努めましょう。

3.だらだら食いをさせない

口の中にいつまでも食べ物が入っていると、
虫歯になりやすくなります。

食事やおやつは極力時間を決めて与えることと、
食べた後は歯をみがくか、口をすすぐだけでもしておきましょう。

4.歯医者で定期的な検診を受けよう

小さい子供は虫歯になっても、
その痛みをうまく伝えることが出来ません。

親が見て虫歯と気が付かなくても、
定期的に歯医者で見てもらっていれば
簡単な早期治療をしてもらえます。

虫歯菌に感染してしまった…でも本当は、その後のケアが大事!

虫歯菌に感染しやすいと言われる
2歳半までの間に、

めちゃめちゃ頑張って
虫歯菌をうつさずに済んだお母さんはどれぐらいいるんだろう?

どっちかというと、
虫歯菌に感染させてしまうケースの方が多いんじゃないでしょうか…
でもそれが悪いとは思いません。しょうがないことです。

実は、うちの長男もすっごい虫歯で苦労しました…

ちょうど長男が2歳半の時に、
次男を出産するため実家に預けてたんだけど、
産後1週間ぶりに実家に帰ったら「ママ~!」と
満面の笑みで駆け寄ってきた息子の歯が真っ黒!!!

なんでこんなことに…と母親に聞いたら、
忙しくて歯磨きはしていなかったとのこと。

一度虫歯菌が感染してしまったら、
その後の子供の口内ケアがどれほど
大事なことなのかを思い知らされました。

たった1週間で本当に歯がボロボロ…
マジで涙出ましたよ。。

そこから息子の歯医者通いが始まり、
1年半も治療にかかってしまいました。

週に1回のペースで通ってても、
治療してる途中で別の歯が次々に痛くなってきて、

最初に治療してもらってた歯が完治したのは、
半年以上経ってからだった。

歯医者に行くたび、
毎回「ごめんね…」って子供に謝ってたし。

本当に辛かった。

歯磨き嫌いの子供に歯磨きさせるには、『楽しい!』と思わせることがコツ

子供の虫歯は、絶対的に親の責任。

子供にちゃんと歯磨きしなさい!と怒っても、
小学校低学年までの子供にそんなこと言ったって、
きちんとした歯磨きが出来るわけがない…

でも3人子供がいて、
3人とも歯磨きが嫌いときたら、
仕上げ磨きをするのも正直めんどくさい。

どうやって歯磨きを定着させるか考えた結果、
我が家では1ヶ月の歯磨きカレンダーを作って、
歯磨きしたらシールを貼っていくという方法を思いつきました。

10個目のシールは金ぴかシールを貼って、
100円ゲット出来る仕組みにしたら
毎日子供たちが進んで歯磨きするようになったんです。

その後の仕上げ磨きも、
子供たちからひざの上に寝転がって来て
「やって」と言う様になってきました。

3ヶ月毎にかかりつけの歯医者さんから
定期検診の案内が来ます。

 

今までは絶対虫歯治療をされてたんだけど、
次の検診では先生にほめられたらいいなぁ…って
子供と話しながら毎日歯磨き頑張ってます!

 



Sponsored Links



Sponsored Links




会社に雇われずに生きていく方法

週休5~7日を帰りの切符を気にせずに思いつきで旅行に!
会社に雇われた生き方からそんな自由な生活を手に入れませんか?

今ならAmazon1位獲得した【自由な人生を手に入れる教科書】を無料でプレゼントしています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。