amazon偽サイトをスマホで見破る方法はあるのか?

Sponsored Links



Sponsored Links



今や知らない人はいないのではないか?というくらい有名なショッピングモールAmazonですが、

本家サイトとほとんど見間違うくらい同じURLを使った偽物サイトが出たため、yahooニュースにも掲載されるくらい注意喚起されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000023-rbb-sci
Amazon偽サイトヤフーニュース

(Amazonサイトがオープンされた当初は、なんで南米のアマゾンなんて名前つけているんだぁ?と思ったのはいい思い出です。歳がバレそう(;^ω^))

スマホサイトでは、URL部分が全部見えないので、対策がしずらく、誤ってみる人がいるのではないかと懸念されているようです。

そこでフィッシングサイト対策として有効な方法を調べてみました。

アドレスバーにURLを直接打ち込む【対策1】

これがアナログだが、一番確実な方法です。

元々、インターネットが発達していなかった時代は、Googleなどの検索エンジンもなく、今では考えられませんが

本屋で売られている便利サイトリンク集というものを買ってきて、Internet Explorerのアドレスバーに直接入力をしていました。

今回のフィッシングの対策として、一番有効な方法は、この時使っていた方法と同じように「Amazon.co.jp」とアドレスバーに直接入力する方法です。

スポンサードリンク

有料セキュリティ対策ソフトをインストールする【対策2】

パソコンを利用する時は当たり前になっている対策ですが、実はスマホでセキュリティ対策ソフトをインストールしている人は少ないのが実情です。

スマホでセキュリティ対策ソフトが常に起動しているとそれ以外のアプリを利用する際に重くなるというのが一番の理由ですが、

今回のフィッシングサイトのようなところで、個人情報を盗まれて、莫大な損害を被ることに比べたら、全然我慢できる範囲のことではないでしょうか?

まとめ

今回は代表的な対策を2つ上げてみました。

それ以外にもスマホのセキュリティ対策は多くあります。

検索エンジンで「スマホ セキュリティ対策」などで検索すると多く出てきますので、ぜひ調べてみてください。

しかし、今回のケースもそうですが、ネットが便利になるに伴って、自分の個人情報などを守る必要性が増していることを一人ひとりが認識する必要があると思います。

ソフトなどをインストールするかどうかも、一人一人の認識に掛かっていますので、今回のようなフィッシングサイト詐欺のニュースを機に、自分のセキュリティ対策見直してみてはいかがでしょうか?

また、機会がありましたら別の方法のセキュリティ対策もお伝えします。



Sponsored Links



Sponsored Links




会社に雇われずに生きていく方法

週休5~7日を帰りの切符を気にせずに思いつきで旅行に!
会社に雇われた生き方からそんな自由な生活を手に入れませんか?

今ならAmazon1位獲得した【自由な人生を手に入れる教科書】を無料でプレゼントしています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。