3DS LLの売上低迷の打開策は30代?スーファミエディション発売か?

SponsoredLink
Sponsored Links

小学生や中学生が、
ディズニーランドなどのアミューズメント施設でも
施設で遊ぶことそっちのけで、熱中するゲーム
3DS LL。

現在、本体である3DS LLは、
年々販売が低迷している状況で、
売上向上のために、今までも色々な施策を
実施しています。

その一つが、
販売価格の引き下げでしたが、
価格を引き下げた分、売上数が伸びても、
売上低迷は変わらないのが現状のようです。

そんな中、
今回中高年をターゲットとした

スーパーファミエコンディションの3DS LL

任天堂のホームページ限定で発売されることが
決定したようです。

スーパーファミコンエディションの3DS LLは標準と何が違う?!

スーパーファミコンディションの3DS LL
こちらが今回発売が予定されている
スーパーファミコンエディションの3DS LLです。

背面デザインが、懐かしき
スーパーファミコンエディションになっているのが
大きな特徴です。

それ以外の特徴としては、
任天堂のホームページ上に公開されている情報からすると、
microSDHCカード(4GB)や、ARカード、専用タッチペンが付属
セットタイプでの販売のようです。

価格帯は、セット価格であるため
価格は税込み21,600円と少々割高感があります。

Sponsored Links
Sponsored Links

スーパーファミコンエディションは3DS LLの打開策になるか?!

ファミコンが発売されて、
その上位バージョンとして発売されたスーパーファミコン。

当時は、高橋名人などが時の人になるなど、
ゲーム界で一大ブームが起きていました。

ベビーブーマーの世代であったこともあり、
子供たちの人数が多く、マンモス世代と呼ばれたりもしていました。

任天堂がゲームを出せば、必ず売れる!と
言われるくらい、今の任天堂からは考えられないくらい
売れに売れていました。

現在、当時任天堂のスーパーファミコンで遊んでいた
ベビーブーマーの世代は30~40代になっており、
若い頃より金銭的に裕福な人が増えていると予測されているのでしょうね。

そのため、
懐かしきデザインでベビーブーマーの世代に
販売しようと任天堂は画策して居るようですが、

この戦略が果たして吉と出るか凶と出るか、
非常に微妙なところのような気がします。

バーチャルコンソールソフトはお買い得か?

スーパーファミコンのバーチャルコンソールソフト

スーパーファミコンと同時に発売された
懐かしきゲームソフトが今回のスーパーファミコン
エディションの発売公開と同時に配信が決定しています。

価格は、
3月4日~3月16日23時59分の期間の間は、
50%割引で購入ができるなど、本体を販売する前からの
囲い込みを開始し始めているようです。

ただ、社会現象にまでなっている
所かまわず3DS LLをするという現象が、30~40代の
大人がし出す可能性が出てくる今回の販売はどうなのか?

個人的には、
非常に疑問視しています。

任天堂は、他の部分でより販売戦略を強化することで、
売上増を目指すべきだと思いますが、
あなたはどう思いますか?

SponsoredLink
SponsoredLink
Sponsored Links

こちらの記事も読まれています



サブコンテンツ

このページの先頭へ