謎多きダイオウグソクムシが脱皮?!その生態はどの程度分かっている?

Sponsored Links



Sponsored Links



三重県鳥羽市の鳥羽水族館で、ダイオウグソクムシが脱皮し始めたと話題になっています。

ダイオウグソクムシって何?脱皮するのがなんでそんなにニュースなの??と不思議に思ったので生態がどの程度分かっているのか?脱皮したのは初めてなの?など疑問に思ったことを調べてみましたよ。

ダイオウグソクムシってそもそも何?!

ダイオウグソクムシは、大きい等脚類らしいです。。

その大きさは体長20~40センチくらいあって、大きいモノだと50センチくらいあるそうです。。

等脚類とは?
甲殻綱等脚目に属する節足動物の総称。体は通常扁平で,七胸節と六腹節をもつものが多い

世界最大の「等脚類」で重さが1キロもあるって、かなり重いですね。。

しかも見た目が気持ち悪い。。前から見るとこんな感じのようです。

どこかの侵略生物か?!といういで立ちですが、身体をくねらせながら海の中を泳いでいるようです。今回の脱皮も身体を時々くねらせながら、まずは下半身を脱皮して、上半身はまだ皮が残っているようですね。。

スポンサードリンク

ダイオウグソクムシの生態系はどこまで分かっているの?!

結論、ほとんど分かっていない。

のが実情のようです。ダイオウグソクムシは、深海底に生息して沈んできた大型の魚やクジラなどの死骸を食べることから「深海の掃除屋」と言われているようですが、それ以外のモノを食べたりもするのか?共食いなどもあるのかなど深海に生息いしていることもあって、全く分かっていない状況です。

そんな現状もあって、今回の水族館で飼育されているダイオウグソクムシが脱皮したことは、深海生物の謎に満ちた生態系を知るきっかけになるのでは?!と専門家が色めき立っているようです。

基本海の生物でもクジラのように大きな生物は、それなりのモノを食べないと身体を保つことが出来ませんが、ダイオウグソクムシが何をメインで食べているのかなど不明な点があり、その体の大きさを維持できていることに対しても謎が満ちている状況です。

謎。。。

この言葉に惹かれてしまうのは私だけではないはず。。宇宙の謎も神秘的ですが、深海の生物の謎も今回のことがきっかけで色々発見されれば、それはそれで面白そうと思ってしまいます。

ぜひ脱皮がどのようになるのか?脱皮した後の甲殻がどのようになるのかなど色々知るきっかけになって欲しいですね。



Sponsored Links



Sponsored Links




会社に雇われずに生きていく方法

週休5~7日を帰りの切符を気にせずに思いつきで旅行に!
会社に雇われた生き方からそんな自由な生活を手に入れませんか?

今ならAmazon1位獲得した【自由な人生を手に入れる教科書】を無料でプレゼントしています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。