西川きよしがかかった前立腺がん?!どんな病気か?完治するのか?

SponsoredLink
SponsoredLink

吉本興業を代表するタレントといっても過言ではない西川きよしさんが、前立腺がんのために休養をとることになったことが報道されました。

西川きよしさんの場合は、前立腺がんが早期発見をしたおかげで、

週明け入院して、すぐ手術、1ヶ月ほどの入院で完治する見込みのようですが、

前立腺がんは発見されるガンステージによっては、非常に生存率が低くなりやすい病気の一つでもあります。

今回は、西川きよしさんがどのように前立腺がんが発見されたのか?前立腺がんがどのような病気なのか調べてみたいと思います。

西川きよしが前立腺がんを発見した経緯は?!

関係者の話によると昨年の年末に定期健診を受けた際に、今回判明した前立腺がんに西川きよし師匠がかかっていることが判明したようです。

定期健診で前立腺がんが判明する時は、時すでに遅しということも多いようですが、

西川きよしさんの場合は、ホントに早期発見だったようで、医師も手術をすれば大丈夫と言っているようです。

今後、入院・手術をされる1ヶ月ほどの間、西川きよしさんが出演されている「秘密のケンミンSHOW」や

関西のローカル番組の代役を見つけたりすることに、番組スタッフは奔走することになりそうだと記事には掛かれていました。

西川きよしさんといえば、独特のキャラがありますが、代役の方でその穴埋めができるのか?非常に疑問ですが、仕方ないですね。

ところで、今回の病気名「前立腺がん」ですが、どのような病気か知っていますか?

間寛平さんがマラソン中にかかっていることが判明したことでも有名な病気ですが、具体的にはどのような病気なのか知らないところもありますので、良い機会でしたので調べてみました。

前立腺がんは転移しやすいガン?!生存率はどうなる?

前立腺がんの死亡率は、がん死亡のうちの5%を占めており、男性の65歳以上の方で掛かる方が多い状況です。

昔は初期症状があまりない病気であったため、発見が遅くなったりすることもありましたが、

今は前立腺特異抗原(PSA)の数値でガンにかかっているかどうか判断することができるため、

定期的に人間ドックを受けることで早期発見をすることが出来るようになっています。

前立腺がんは、前立腺内の細胞が正常に増える機能を無くして、無秩序に自己増殖をすることによって発生します。

遺伝子の異常が原因とも言われていますが、なぜ普通の正常細胞ががん化するのか、解明されていないことも多い病気のようです。

前立腺がんの細胞が、リンパや血液で他のところに運ばれて転移することもあり、

腰痛で通院した結果、骨への転移や血尿の症状で発見されることもあるようです。他のガンの場合は、骨転移は末期症状ですが、前立腺ガンの場合は、早期でも転移します。

ガンが前立腺内に留まっているのか?それとも転移が見られるのかのよって、

手術のしやすさが異なり、手術後の生存率は大きく変わってくるようです。骨転移した場合の生存率はなんと30%あまりになるようです。

やはり定期的な健康管理が必要だと改めて感じさせられました。

SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ