米山久の学歴や元嫁はだれ?資産や年収が気になる!

SponsoredLink
SponsoredLink

松方弘樹を父にもつ
仁科仁美と事実婚状態になっている
米山久さん。

大手飲食チェーンを経営しており、
総売上高は総額150億円にものぼると
言われているにも関わらず、

なぜ仁科との子供を認知するけど、
籍はいれずに事実婚状態で暮らすのか?

米山久の学歴や
バツ2と言われているが元嫁はどんな人なのか?
不明な点が多くありましたので調査してみました。

米山久のプロフィール!資産や年収がすご過ぎた!?

米山久 学歴
(画像引用元:http://shin1news.com/)

名前:米山久

生年月日:1970年(月日不明)

出身高校:帝京八王子高校

出身地:東京都八王子市

職業:エー・ピーカンパニー 代表取締役

米山久さんは、
2001年 31歳の時に現在も代表を務める
エー・ピーカンパニーを設立されています。

会社自体は、「塚田農場」や「四十八漁場」など
全国に180店舗もの居酒屋を経営しています。
15年経った今では年商150億円を達成されているようですね

この実績だけでもすごいのですが、
米山久さんは、このエー・ピーカンパニーを設立する前から、
高校卒業後に自分で事業を展開されており、

本人曰く
”はたちの頃から月収100万円を切ったことがない”と
仰られています。

月収100万円
年収にすると1200万円以上と
普通の人ではなかなか達成できない収入を
わずか二十歳という若さで達成しているのが
2度の驚きですね。。

若い頃からこれだけ稼いでいる状態で、
現在は150億の売上を誇る上場企業の社長さんとなると
米山久さんの年収や資産、

かなり期待出来そうですね^^

 

調べてみた結果では、
詳しい数値はなかなか出てきませんでしたが、
うわさレベルの情報で年収5億円のようです。

また、
資産面についてはエー・ピーカンパニーの株式だけで
60億円にも上る資産を保有している計算になるようです。

この資産だけで、残りの人生ゆうゆう自適に
暮らしていけますね^^;

米山久の元嫁はだれ?バツ2は本当か?

仁科仁美さんとは事実婚で留めている
米山久さんですが、実は今までに2度結婚をしているようです。

1度目の結婚は、24歳で結婚し、
5年後の29歳で離婚されています。

そして、
2度目の結婚は、米山久さんが
31歳の2001年、ちょうど会社設立の時期に結婚をされています。
そして約10年後の2012年4月に離婚しています。

ちなみに
2度目の結婚された相手だけ名前が
分かりました。

里見順子さんという方のようです。

1度目も2度目の離婚の理由は同じで、
米山久さんの浮気が原因だったようです。

こういった経験もあってか、
仁科さんとは結婚をされないのかもしれないですね。。

なお蛇足ですが、
離婚をされた2人目の奥さんである里見順子さんは
未だに米山久さんの会社に勤めており、

しかもその役職は。取締役企画本部長になっていらっしゃるようです。

離婚された後も、元夫の経営する会社に勤めるのも
一般的には理解しずらいですが、夫婦関係ではうまくいかなくても
仕事関係ではうまくいっているのかもしれませんね。。

まとめ

米山久さんは高卒という学歴にも関わらず
全国チェーンの居酒屋を経営し、会社を上場するまでに
成功されています。

年収の額はうわさレベルでしか分かりませんでしたが、
保有している株式から売却すれば60億円にも上る
資産を保有していることが分かりました。

米山久さんのビジネスの手腕は、
かなりのスキルを保有されています。

また、プライベートの面では、
過去にすでに2度結婚、離婚をされており、
その経験もあってか仁科さんとは事実婚に留めている可能性が
高いことが分かりました。

現在の状況で、仁科さんのお兄さんや母親が納得していない
ようなので、今後結婚する可能性もあるかと思いますが、
どのようになるか見守りたいと思います。

SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ