海外の反応、復活を熱望される!メタルウルフカオスとは?【動画あり】

SponsoredLink
SponsoredLink

2004年に初代Xbox向けのゲームソフトである「メタルウルフカオス」の復活が、海外で熱望されていることが話題です。

しかも、海外の熱い声が、質の高いゲーム、特徴的なゲームだけを扱うことで知られるDevolver Digitalを動かし、

「メタルウルフカオス」の販売元であるフロム・ソフトウェアが復活をするなら自分たちも手伝うと伝えてきています。

日本で販売された当初は、あまりのありえない設定に、「馬鹿げー」と呼ばれたこともあるこのゲームが今、なぜ海外の人たちから復活を望まれているのでしょうか?

その原因を調べてみました^^

メタルウルフカオスは日本国内限定で10年前に販売されていた?!

「メタルウルフカオス」。

このゲーム名を聞いてもぴんと来る人はほとんどいないのではないか?

と思われるほど販売当時、人気が少なく、日本国内の流通量は極端に少なかった希少性の高いゲームソフトです。

知っている人がいたらすごい!!と思っていたけど、日本でも知っている人いました。

こちらも熱いラブコールですね。

それでは、「メタルウルフカオス」がどんなゲームかというと、アメリカ合衆国大統領がメタルスーツに乗って、

町を破壊!近所にいくような感じで宇宙へ行ったりする!

通常の兵士や戦車、巨大兵器との 激しいアクションが盛り込まれた近未来を舞台にしたゲームでした。

そもそも大統領がこんなハチャメチャなことをしたのも、すべてはホワイトハウス留守中に、副大統領にクーデターを起こされたことが原因です。

ゲームのゴールは、政権奪還を物理的に目指すことなんですが、日本国内では、初代Xboxがあまり浸透しなかったこともあり、ほとんど売られることがなかったようです。

「メタルウルフカオス」は、日本限定の初代Xbox用に日本国内のみで販売されたにも関わらず、なぜか海外で「最も投票したい政治家ランキング」のトップに輝いてしまったそうです。

http://www.inside-games.jp/

メタルウルフカオス復活はありえるのか?

海外の熱いラブコールを受けて、フロム・ソフトウェアがリメイク版を作るか?が注目の的ですが、物理上可能であるかどうかを確認してみたところ、

現在販売されているXbox oneはXbox360のいくつかのソフトは互換性があり、利用できる仕様に途中から変更されています。

初代Xboxのゲームソフトまで互換性が出るように変更するのは、現実的ではないのかもしれませんが、Xbox360との互換性があることを考えれば、

初代Xbox用として販売していたソフトを再販して、Microsoftが互換性を追加検討してくれることも可能性としてはあるのではないのでしょうか?

ファンや10年前のゲームがどんなゲームか知りたいという人は興味深々の話題だと思いますので、進捗がありましたら、またお伝えしますね。

SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ