新アンパンマン列車の乗車券購入はどこ?内装はどうなっている?

JR四国が8000系特急電車を改装して、
この度、お披露目した「新アンパンマン列車」が
注目です!

ダイヤ改正のが行われる
3月26日から営業運転が開始されるようです。

路線は、予讃線の松山―岡山・高松間のみとなっている
ようなので、乗るためには四国にいく必要がありますね^^;

車両は8両編成で、
1号車には16席限定の専用シートが用意されているようで、
デッキや洗面台、トイレなどの内装もアンパンマンワールド全開
になっているようです。

具体的にどんな内装なのか?今までの違いは?
そして、どこから乗車できるのか?調べてみました。

SponsoredLink
SponsoredLink

新アンパンマン列車の内装はこれだ!今までとの違いは?

これまでも「アンパンマン列車」は、
四国で2001年から運行しておりましたが、
今回運行する新アンパンマン列車の大きな違いは、
”特急”という点が大きく異なります。

今までのアンパンマン列車は、
普通列車であったため、観光で乗った際、
行き先が遠くなればなる帰りの時間を考えることに
頭を悩ませる必要がありましたので、

特急ということは、
その点悩みが少し少なくなるかもしれませんね。。

ただ、内装など人気の「アンパンマンシート」は、
現在運行中のアンパンマン列車同様、16席限定で
1号車に用意されています。

※グリーン車には装飾なしです。
アンパンマンシート
なお、社内装飾は、
出張などのお客様にも配慮しており、
1号車以外は、「それいけアンパンマン!」が大好きなお客様以外の方でも
違和感のない装飾となっております。

このため、
新アンパンマン列車の醍醐味を味わうためには、1号車に乗車いただく必要があります。

新アンパンマン列車のアンパンマンシート以外の装飾は?

1号車はアンパンシート以外に、
デッキ、おトイレや洗面台にも装飾が施されており、
アンパンマンワールドを楽しむことができます。

実際の列車内装のお披露目は、
運行に先立ち5日午後2時~3時に岡山駅、
6日午後1時半~同2時半に高松駅、
12日午前11時半~12時半に松山駅で行われます。

各駅、当日受付で5日の岡山駅は500名限定のようなので
早めに並ぶ必要があるかもしれませんね。

なお、実際のデッキ、おトイレや洗面台の
装飾がこちらです。


新アンパンマン列車の洗面所

アンパンマン列車 洗面台

新アンパンマン列車のおトイレ

アンパンマン列車 トイレ

新アンパンマン列車のデッキ

アンパンマン列車 デッキ

新アンパンマン列車の乗車券購入はどこ?

アンパンマン列車のアンパンマンシートは
普通車指定席ですので、下記の運転ダイヤに
合わせて各駅で特急の乗車券+普通車指定席を購入して
乗車する必要があります。
ampan_daiya

まとめ

新アンパンマン列車は、
特急ですので、ゴールデンウイークなどの
観光の際に利用するのに以前より便利になっています。

また、1号車のみ
アンパンマンワールド全開になっていますので、
乗る際は1号車に乗ることをおススメします。

ただ、アンパンマンシートなど特別シートは、
数限りがあり、普通車指定席が必要となりますので、
乗車予定が決まっている場合は、早めの予約をされることが
おススメのようです。

SponsoredLink
SponsoredLink