手足口病になった大人の症状は?うつる病気の治療法を解説!


SponsoredLink

病気にかかる9割が子どもであることもあり、
子供の病気というイメージの強い”手足口病”ですが、
実は大人もかかる可能性があるんです。

 

子どもが感染した際は、
重症になる可能性は非常に少ないのですが、
免疫力が弱い乳児などが感染すると、重症化する可能性が高く

悪くすると、
命をなくすこともあるという”手足口病”ですが
大人にかかった時はどうなるのか気になったので調べてみました。

 

そもそも手足口病ってなに?流行の時期はいつ

 

大人の手足口病の症状や対策を見ていく前に、
そもそもどんな病気なのか知らない・・・ってこともあるので
簡単に手足口病についてまとめてみました。

 

手足口病は、ウイルス性の感染症で毎年7月頃の
夏場がピークになる病気です。

 

「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」と合わせて
“子どもの三大夏風邪”といわれるほど、
毎年流行する子どもが多い有名な病気です。

あなたも、もしかしたら子ども時代に
感染したこともあるかもしれませんね。。

 

 

原因となるウイルスは、

「エンテロウイルス」や
「コクサッキーウイルス」

などいくつかの種類があるため
1度感染して治ったからといって安心ができない病気です。

 

感染するのは、9割が子ども・・・
特に5歳未満の未就学児なのですが

ごくまれに、
大人も感染することもあります。

 

 

感染すると、
口内の粘膜や手のひら、足の裏、甲といった柔らかい部分に
発疹が現れて、

症状によっては発熱を伴うこともあります。

 

手足口病自体は、水疱もかさぶたにもならず、
そのまま治る場合がほとんどで重篤になることはありませんが、

口内にできた場合は
飲み食いがしにくくなり、体力を失う可能性があるため
注意が必要となります。

 

口は脳にも近いため脱水症状になり、
原因ウイルスの「エンテロウイルス」の影響で
脳炎になる可能性があります。

ついつい軽く見てしまいがちな病気。
手足口病ですが

口内にできた場合は
念のためかかりつけ医などに相談しておくことをオススメします。

 

 

なお、手足口病は、
くしゃみする際に出る飛沫によって感染する
「飛沫感染」という経路と、

子どもがなめたり、鼻水がついた手でおもちゃで遊び、
そのおもちゃを貸し借りすることによって感染する「接触感染」の2つが
主な原因と言われています。

手足口病の大人症状は?初期はどうなるの?

「飛沫感染」や「接触感染」を気をつけることで
感染することをほとんど防ぐことができる”手足口病”ですが、

もし大人の方がかかった場合も
子ども同様、水疱が発生。

 

その後、まれに発熱することもありますが
割合的には3人に1人くらいなので、ほとんど微熱程度であることが
ほとんどで、その後は1週間程度したら自然治癒します。

 

しかし、自然治癒するとはいえ
大人の場合は子どもより重症になる可能性もありますし

また他の人にも感染しますので、かかった場合は
症状が軽いからと出歩いたりせずに

できるだけ家にいること
他の人との接触をさけることで感染拡大を防ぐことできます。

 

周りに幼いお子さんがいる場合や
免疫力が弱ったお年寄りあどがいる場合などは
感染して重篤する可能性もありますので

より一層注意してください。

 

 




SponsoredLink


SponsoredLink

 




会社に雇われずに生きていく方法

週休5~7日を帰りの切符を気にせずに思いつきで旅行に!
会社に雇われた生き方からそんな自由な生活を手に入れませんか?

今ならAmazon1位獲得した【自由な人生を手に入れる教科書】を無料でプレゼントしています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。