寒暖差アレルギーの症状はかゆみ、じんましんだけ?具体的な治し方は

ついこの間、春一番が吹いたと言われて、いよいよ春かぁ~と思っていた矢先、天気が一転、冬に逆戻りしています。

このような天候の場合、寒暖差アレルギーというものが発症することがあるようです。

症状としては、鼻炎などないのに鼻がいきなりムズムズして花粉症のような症状になったり、体中じんましんがでたりするようです。

じんましんや鼻がムズムズする以外に症状があるのか?病院などに通院して治るのか気になったので調べてみました。

SponsoredLink
SponsoredLink

寒暖差アレルギーはアレルゲンがない?!

寒暖差アレルギーと聞くと、他のアレルギーと同じでなんらか原因となる物質があるような感じを受けますが、実際は原因となる物質がないのが特徴です。

医者の間では、気温の急激な差に弱い自律神経の誤作動と言われているようです。

つまり今回のような春一番で温かくなったと思ったら、真冬かぁ?!と思うくらい寒くなったことに伴って、私たちの体を保っている自律神経が調整ができなくなってバグっている状態ということになります。

このため、他のアレルギーに比べて治療がしずらいのが特徴のようです。

通常のアレルギーであればアレグラやアレロックなどの薬が有効に作用することが多いですが、寒暖差アレルギーの場合は自律神経の調整を行う必要があるため、こういった薬品では治らない可能性が高いようです。

関連サイト:アレルギー対策として有効なルイボスティ河村農園 お徳用有機栽培ルイボスティー 3g×100包入


寒暖差アレルギーの症状にはどんなものがある?!

症状としては前出の鼻がムズムズしたり、体中がじんましんになったりするもの以外にも、熱が出ないけどくしゃみや鼻水が止まらない症状や人によっては自律神経が不安定になることに伴って、精神的に不安定になる人もいるようです。

鼻水やくしゃみの症状は、花粉症に似た症状ではあるものの、鼻水が無色透明であることや風邪のように熱発しないのが特徴です。

治す方法としては、有効な薬の処方がありませんので、寒暖の差があるところに行かない、筋肉をつける、栄養のあるものを食べる、そして自律神経を整えるようにするなど根本的な見直しでしか治せないのが現状のようです。

寒暖差アレルギーは筋量が少ない人がなりやすい病気とされていますので男性より女性の方がかかりやすいと言えます。

まだまだ寒さが続きそうですので、外出時は防寒対策をして外出するなど自衛手段を取っていくのが何よりも大事なポイントとなります。

関連サイト:アレルギー対策として有効なルイボスティ河村農園 お徳用有機栽培ルイボスティー 3g×100包入

SponsoredLink
SponsoredLink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。