家電ライター藤山哲人!おすすめロボット掃除機の性能がすごかった!

SponsoredLink
SponsoredLink

2016年2月23日放送の「マツコの知らない世界」にまたまた家電ライターで、ゴリゴリな藤山哲人さんが出演されます。

過去に何度か「マツコの知らない世界」に出演されている藤山哲人さんですが、今回はロボット掃除機について案内をしてくれるみたいです。

ロボット掃除機というと、ルンバが代表的で人気も高い掃除機になりますが、価格が高いのでなかなか手が出せないという人も多かったのではないでしょうか?

だって、掃除機に10万円超ってなかなか出せないですよね?!

そんなあなたに朗報!ロボット掃除機って、ルンバが発売された後、色々な種類が色々なメーカーから販売されている状況で、既に価格競争の世界になっています。

その結果、高性能なのに価格がお手頃!という掃除機が出てきています。今回藤山哲人さんが一押しされている掃除機の性能調べてみましたが、これがすごいです!



家電ライター藤山哲人の一押しロボット掃除機がコレだ!!

それが今春発売される予定となっている無敵掃除ロボ「RULO」です。

ネーミングからしてすごく期待出来ますね。毎日掃除をしたいけど、仕事や家事で忙しくてなかなか手が回らないというあなたには、ぴったりのロボット掃除機だと思います。

無敵掃除ロボ「RULO」の見た目はこちらです。

価格.comの「ロボットタイプの売れ筋掃除機」でもランクインしており、ルンバについで堂々の5位にランクインしております。

口コミでは、パナソニック製と日本製であることも評価の一つになっているようですが、その吸引力の強さが高く評価されており、生活レベルが上がったとの声もあります。

それでは、口コミでも高い評価をえることができており、また家電ライター藤山哲人さんが、なぜこのRULOを評価するのか?その性能について見ていきたいと思います。

ちなみにこちらの「RULO」ですが、藤山哲人さんの公式Twitterでは番組内での先行販売予定されているようです。オープン価格になるかとは思いますが、番組内で購入する場合は、損しないように事前にメーカーに標準価格確認された方がよいかもしれませんね。



無敵掃除ロボ「RULO」のすごい性能とは?!

soujirobotto

CMの際、数学者ピーターフランクルさんが「スミにもしっかり届く。このカタチは正解ですね」とおっしゃっていたRULOの形。

三角形で、逆にゴミを取り逃すのではないのか?と思ってしまいそうですが、先端についているブラシで書きだしながら、本体の三角部分で吸い取ると効率のよい、効果的な形を実はしているんです。

この形のおかげで、ルンバなどにはないゴミの吸収力を実現して、ハウスダストを一掃することができる機能が出来ました。

ただ、難点はゴミを吸い込みすぎるので毎回RULOを開いて、ゴミを捨てないといけないことです。

お子様がいて、常に部屋を清潔にしないといけないや、清潔な部屋でないと生活できないと神経質な場合には、これ以上の味方はない!と言えるくらいのロボット掃除機がRULOですね。

なお、実際のRULOの動きはこちらの動画で確認していただけますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

2016年2月23日放送の「マツコの知らない世界」では、このRULO以外にもおしゃべりをしてくれるSHARPのプラズマクラスター搭載ロボット家電「COCOROBO」の紹介もされるようです。

本来部屋を掃除するだけだった掃除機にも色々な機能が追加されて、差別化されているようです。

一人暮らしで寂しさを感じている人には、「COCOROBO」のように関西弁でしゃべったりするロボット掃除機もいいかもしれませんね^^

詳細は私も今夜の「マツコの知らない世界」で確認したいと思います。



SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ