大圃研が神業?!ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)とは何?

SponsoredLink
SponsoredLink

情熱大陸に出演されている
内視鏡医である大圃研(おおはた・けん)さんの
技術はすごかったです(@_@)

通常3時間の手術を、
わずか30分で行う大圃研(おおはた・けん)とは
一体どんな経歴を持っているのか?

気になったので、彼のプロフィールと
そして、得意としている

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

がどんな技術なのか調べてみました



大圃研(おおはた・けん)のプロフィールをWiki風に!

大圃研
(画像引用元:http://etutorend.com/)

NTT東日本関東病院 消化器内科 内視鏡部部長

本名:大圃研(おおはた・けん)

生年月日:1974年

年齢:42歳

出身:東京都生まれ

学歴:日本大学医学部卒業(1997年度)

家族:妻と1歳半の娘さん

経歴:

1998年:一般総合病院消化器内科研修医

2000年:     同     医員

2007年:NTT東日本関東病院消化器内科医長

日本消化器内視鏡学会専門医

日本内科学会認定内科医、

東京医科大学付属青山病院消化器内科 非常勤講師、

東海大学医学部付属東京病院消化器内科 非常勤講師

平均睡眠時間3~4時間で、
次から次へとくる手術依頼に答えているのが、
今回紹介する”大圃研さん”です。

超人的な体力がないと、
なかなかこの睡眠時間で神経を使う
内視鏡手術はできないと思います。

でも、
多い時は1日 20通もの紹介状がくるため、
その要望に応え、少しでも多くの命を救うため
奮闘をされています。

現在では、異例の速さで出世して
医局に縛られない

NTT東日本関東病院 消化器内科 内視鏡部部長に
就任している大圃研さんですが、

代々消化器外科を営む家庭生まれ育ち、
幼い頃から医者になることを宿命づけられたような
環境で育ってきたようですが、

大学卒業後は、月給が2万円しかない
非常勤時代を乗り越えて、

その不遇に時代に身につけた思考とスキルを
武器に現在では、

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

の第一人者として活動をされています。



大圃研が得意なESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)とは?!

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

大圃研さんが第一人者として認知されている
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)とは、
その名のとおり内視鏡を使って行う手術のことです。

ESDが開発される前も
内視鏡での手術は、EMR(内視鏡的粘膜切開術)が
行われていました。

しかし、EMRはESDと違い、
切り取ることができる範囲に限界がありました。

このため、ケースによっては
患部の部分しか切り取ることができないため
ガンなどが残ってしまい、

結局開腹手術が必要となったり、
病変をそのままにしてしまったために
ガンの再発をまねいてしまっていました。

ESDは、このEMRの弱点をなくすために
開発されており、内視鏡を使って切り取る範囲に
制限がなく病変の一括削除はもちろん。

粘膜層を含めた粘膜下層までを切り取ることが
出来るようになりました。

これによりESDでは、開腹手術より短期間での退院が
できることはもちろん!

病変をEMRとは違い確実に切り取ることが
出来ますので、再発の可能性が格段に下がり、
ESDを希望する患者が増えているのが実情のようです。

特に他の人より手術件数が多く、
短時間で手術を行うことができる大圃研先生の元には
これからもドンドン患者が集まってくるのではないでしょうか?



SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ