元少年Aの顔写真公開!週刊文春が現在の住所も暴露?!

約20年前の1997年に神戸を震撼させる連続児童殺傷事件が発生しました。児童2名が殺害されて、3名が重軽傷を負うという悲惨の事件でした。

当時は集団登下校はもちろんのこと、両親が子供にぴったりついて登下校をさせる家庭もあり、神戸全体が物々しい感じになりました。

その事件が終焉したのは、犯人が逮捕された時でした。

でも、同時に犯人逮捕されたのが当時中学生の元少年A(酒鬼薔薇聖斗)だったことが、世間により大きな衝撃を与えました。未成年ということで名前など公開されずになっていますが、この事件のあまりの残忍さのために、ついに政府が動きました。

たとえ未成年であろうと残忍な事件を起こした場合、実名報道が行えるように、元少年A(酒鬼薔薇聖斗)の事件を期に少年法が改正されました。

このような大事件を起こした犯人、元少年A(酒鬼薔薇聖斗)が実は既に服役を終えて、東京都内に住んでいることが週刊文春の取材により判明して、今回注目が集まっています。

SponsoredLink
SponsoredLink

元少年Aは引越しを繰り返していた?!その理由とは?

syounena01
出典:i.imgur.com

事件当時の年齢から考えると33歳になっている元少年Aですが、神奈川県や東京都内を転々と半年の間に4回も引越しをしていることが週刊誌の取材で明らかになっています。

引越しを繰り返している理由としては、引っ越す度に週刊誌各誌に引越し先の住所を突き止められているのが原因のようです。週刊女性セブンに突き止められて引越し、週刊文春に突き止められて引越しをしています。

現在の住所は、週刊文春で東京都外に引っ越したとされていますが、具体的な住所などについては明らかにされていませんが、関東圏内に引越しをした可能性が高いと考えられています

【追記】現住所が判明いたしました。 足立区UR花畑団地に現在居住して居るようです。

中学生時代に人を殺傷する事件を起こしている元少年Aが近所に引っ越しているかもしれないと、関東圏内の人たちの興味が集まっているのが現状のようです。

元少年Aが、引越しを出所後にも関わらず頻繁に引越しを繰り返すことができているのも、すべては入所中に書いた手記の印税が数千万円にも上っているため、ほとんど悠々自適な生活ができているためと考えられます。


元少年Aの現在の顔写真はあるのか?今彼は何を考えている?

syounena02

元少年Aについては、注目が集まっており、本名は何のか?仕事はしているのか?など様々知りたい情報がある人が多いようです。

少し調べてみると、事件当時の名前が東慎一郎だったそうで、現在の名前は親の旧姓を名乗り、西岡真になっているそうです

昨年までは佐川男子をしていたようで、引越しに伴って仕事も転々としている可能性があります。しかも現在は独身ではなく、手記「絶歌」の中で、『子供を自ら持つようになって、過去に自分が犯した過ちの重さに気づいた』と書かれていますので結婚をされているようです。

今回ネット上で公開されている元少年Aの顔写真公開しようとも考えましたが、一般市民になっていますのでこのブログでの公開は控えさせていただきます。

刑期を終えて一般市民となっている状況ですが、元少年Aとして犯した犯罪の影響で今後も安住をすることができないのではないでしょうか?

SponsoredLink
SponsoredLink