不妊治療保険を金融庁が解禁?!妊活活性化で少子化防止なるか

金融庁が、高額な費用がかかる「不妊治療」を対象とした保険商品を解禁することに決め、注目を集めています。

不妊治療を活性化させることで少子化に歯止めを打つことも目的にあるとは

思いますが、健康保険内の適用ではなく、保険商品としての解禁というところが気になります。。

現状の妊活がどの程度、費用がかかり、解禁される予定である「不妊治療」の保険商品のニーズがどの程度なのか?調べてみました。

SponsoredLink
SponsoredLink

不妊治療の現状は?費用はどの程度かかっているのか?

全世界的に広がっている子供が欲しくても子供ができない夫婦の「不妊症」。

そんな中で、結婚するのが30代後半から40代になる晩婚化が進んでいる日本では、必然的に晩産化が進む結果となり、他の国に比べて不妊症に悩む夫婦が増えているのが現状である。

昔は不妊症というと女性が抱えていることが多かったのだが、最近では男性の10人に1人がなんらか精子に問題を抱えるのが実情のようです。

このような時代背景もあり、
”妊活”という新しい言葉も生まれてきました。

不妊治療に夫婦して通い、子供をさずかるために活動をすることをさすようです。

言葉では一文字の簡単な文字になってしまいますが、その実情は、国の補助金などはあるものの、

確実に妊娠するかどうか分からないところに高額な医療費を払う負担は非常に大きかったといえます。


不妊治療の保険商品解禁でどう変わる?!

今回の金融庁の解禁がされる前は、タイミング法や排卵誘発などの治療以外の不妊治療は、公的保険の対象外。

タイミング法や排卵誘発の費用は1回当たり数千円程度ですが、妊娠率は5~6%にすぎないため、30代後半の方には早めに人工授精などの方法への変更をうながされています。

人工授精などの治療を受けるために、夫婦が支払っている費用は相場は130万円以上で、中には1000万円を支払っているのも現状のようです。

この高額な費用が、生命保険などの一部保険会社の特約扱いになるようですが、保険適用になることに対しては多くの人が喜んでいます。

まとめ

金融庁の決定で不妊治療が促進することは喜ばしいことですが、今後は国がより子供を育てやすい社会を作ってくれるか?によってこの解禁の社会的意義の大きさが変わってくるように思います。

SponsoredLink
SponsoredLink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。