ヘイトスピーチの意味は?解消法や対策法の効果があるか、韓国との関係は

SponsoredLink
SponsoredLink

2016年5月に衆議院の本会議を通過して
自民党など多くの党で賛成多数で決定された
「ヘイトスピーチ解消法」。

 

今回は、
ヘイトスピーチの対策法がどんなものなのか
見ていきたいと思います。

 

ヘイトスピーチとは?対策法の目的を徹底解明

既に法律として施行されている
「ヘイトスピーチの対策法(解消法)」には
次のように記載がされています。

「不正な差別的行ないは許されないことを発表」し、
人権教えこむや発展活動を通じて解消に立ちむかうと決りた理念法で、
罰則はない。

差別的素行の廃止に向け、
国や地域社会が、教育や啓蒙広報、相談窓口の設置など
「地域の実情に応じた施策を講ずる」

(引用元:http://www.huffingtonpost.jp/)

 

つまり、
単なる考えを表した法律、理念法であって
これに反したからといって法律上、罰が加えられたりすることは
ありません。

元々、在日コリアンへのヘイト。
「日本から出て行け!」という現状を解消するために
作成された法律なんですが、

その現状を解消する法律としては
非常に弱いと言わざるをえないのが現状ではないでしょうか。

 

ただ、日本の憲法に定めている

<表現の自由>

があります。

 

今回の「ヘイトスピーチ解消法」に
罰則などを含めてしまうと、
この表現の自由を侵してしまう可能性があり、

のちのち、
戦前の法律のように自由に表現が出来なくなる
法律を作るもとにならないために、意図して
作成されたようです。

 

この憲法との兼ね合いは、
従属する位置づけである法律を作る際には
必ず考える必要がある部分でもあるため、

少々納得できない部分もありますが、
仕方がないのではないかと個人的には感じました。

 

現国会議員からは、
「ヘイトスピーチ解消法」の理念の元に
ヘイトスピーチデモなどを他の法律で規制を強めることが
デキるとしていますが、

今後どの程度抑止力があるかが
問われてくるかと思いますので、
ニュースなどに注力して見ていきたいと思います。

SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ