ナオミとカナコ第6話終了!心臓に悪いと評判の理由は吉田羊?

ドラマ「ナオミとカナコ」は、カナコの旦那、服部達郎を2人で殺害した後の回からがハラハラドキドキ感がすごくて心臓に悪すぎると話題になっています。

このままナオミとカナコの計画が上手くいって、2人とも解放されるかに見せておいて、また服部達郎の姉:服部陽子を演じる吉田羊さんが追求の手を止めないしつこさで、

テレビの前で

「やっぱりバレルのか?」
「あれっ?!もしかして逃げ切れるのか?」

を行ったり来たりさせられる感じが心臓に非常に悪いです。私も見ましたがホント吉田羊さんの演技が上手くて、嫌な感じの追求をやりつづける やり手の姉を見事に演じています。



吉田羊さんの演技の上手さはどこから?!長い下積み時代の経験か?

naomikanako0219

ドラマ「ナオミとカナコ」は、中国の女社長:李朱美を演じる高畑淳子さんの神がかった演技も話題になってしますが、それ以上に吉田羊さんのキレキレの推理力のある感じをかもちだす演技力はホントすごいですね。

大学時代までは演技らしい演技をしてこなかった状況で、2007年に30代で現在のマネジャーに見いだされて初めての事務所所属をした吉田羊さんですが、事務所所属後もかなり大変な思いをしてきたとされています。

2007年に事務所に所属するも女優業で芽がなかなか出ないにも関わらずアルバイトをすることを事務所から禁止されて、その間の収入は全て事務所に借金をしてまかなっていたようです。

女優業で稼いで返せ!これが事務所の方針だったので、吉田羊さんも背水の陣で臨み、演技・女優業にかけてきたのだと思います。

今回のドラマ「ナオミとカナコ」では、その真摯に向き合ってきた演技力がいかんなく発揮されていると感じます。



ドラマ「ナオミとカナコ」の視聴率は?!

これだけ吉田羊さんや高畑さんが面白い演技をしている状況だからと思って視聴率調べてみましたが、低視聴率は相変わらずのようです。

第1回視聴率・・・・7.9%
第2回視聴率・・・・7.7%
第3回視聴率・・・・8.7%
第4回視聴率・・・・7.6%
第5回視聴率・・・・7.4%

一部ではハラハラ具合がよいドラマだと評価される一方で、こんな低視聴率であれば「もうラストでよい!」と辛らつな意見も出ているようです。

まだまだ、残り半分近くありますので浮上することを期待したいと思います。



SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

サブコンテンツ

このページの先頭へ