ドラマ脚本家:倉光泰子のプロフィール・Wiki!ラヴソング

SponsoredLink
Sponsored Links

ましゃこと、福山雅治さんが結婚後初、そしてガリレオ出演以来、3年ぶりにドラマに出演されるとのことで注目が集まっています。

今回のドラマ「ラブソング」ですが、脚本を書かれているのは倉光泰子( くらみつ やすこ)さんです。

倉光泰子( くらみつ やすこ)さんがどんな脚本家なのか、今までどんな作品を担当されてきたのか?今回のドラマ「ラブソング」がどうなるかに大きく影響しますので調べてみました。

倉光泰子のプロフィールをWiki風に!

yasuko
引用元:http://news.walkerplus.com

右から2番目が倉光泰子です。

名前:倉光泰子(くらみつ やすこ)

生年月日:1983年

出身地:埼玉県

出身大学:東京芸術大学映像研究科脚本領域卒業

好きな作家:谷崎潤一郎

趣味:ボーリング

経歴:

2014年に『隣のレジの梅木さん』で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞
※2014年12月実写ドラマ放送されています。

★隣のレジの梅木さんの名セリフ★

「ラーメンはね、1000円以内で一流のものが食べられるの。そこがすごい」
「なんでだろう。ひとの幸せの話って耳障りよね」
「ひとに救われる人生よりも、自分自身で自分のことを救ってみたいんです」

倉光泰子さんが受賞されておりますフジテレビヤングシナリオ大賞は、第1回大賞を「東京ラブストーリー」や「最高の離婚」の脚本家・坂元裕二さん、第2回大賞を「101回目のプロポーズ」、「ひとつ屋根の下」の脚本家・野島伸司さんが受賞しており、プロの脚本家への登竜門となっていると言われる賞

倉光泰子さんもこの「フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞されておりますので、トレンディドラマ全盛期に人気を集めた「東京ラブストーリー」や「101回目のプロポーズ」のように高視聴率を取り、ドラマ界の大御所になっていくのでしょうか?

前出の脚本家、坂元裕二さんや野島伸司さんは、彼が書けば視聴率を取れる番組になる!とまで言われた人たちですので、今回のドラマ「ラブソング」をきかっけに是非、より良い作品を作る脚本家への道を歩んで頂けたらドラマを見る側としては嬉しいのですね

Sponsored Links
Sponsored Links

倉光泰子の書くドラマの評判は?ラブソングは視聴率低迷打破できるのか?

倉木泰子さんが、ドラマ以外で脚本を書かれたのは前出の「隣のレジの梅木さん」です。

このドラマの評判がどうだったかによって、今回の「ラブソング」の視聴率がどうなるか予測ができそうですので、評判を集めてみました。

915200016

一部否定的な意見のツイートもありましたが、全体的に好感をもった感じのコメントが多くありました。

今ドラマが視聴率低迷期になっているので、高視聴率を取れるドラマになるといいですね。ましゃが出ることで人気は集まるとは思いますが。。。。

でも脚本で出演者を活かすも殺すも決まりますから好期待です!

SponsoredLink
SponsoredLink
Sponsored Links

こちらの記事も読まれています



サブコンテンツ

このページの先頭へ