ショーン・マクアードル川上さんの学歴!整形前の昔の顔・プロフィールをチェック!

SponsoredLink
Sponsored Links

またまた週刊文春が、すっぱ抜いた記事が
注目を集めています。

今回の対象は、
経営コンサルタントして知られる
“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上さん
です。

週刊文春では、
学歴詐称があったとされており、
また端正な顔立ちは実は、整形ではないか?
とのうわさまで出てきているようです。

事実がどうなのか?
“ショーンK”さんの経歴整形有無、
そして整形しているなら整形前の顔画像を探して
みました。

ショーン・マクアードル川上さんのプロフィール・Wiki風に!

“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上さんの
プロフィール、wikiや公式サイトがあるのですが、
あまりにも情報がなかったのでまとめてみましたw

ショーンK
本名:川上伸一郎

別名:ショーンK
ショーン・マクアードル川上

生年月日:1968年3月21日

出身地:アメリカニューヨーク出身

血液型:B型

身長:170cm

出身校:アメリカ・テンプル大学

ハーバード・ビジネス・スクール(MBA取得)

肩書:経営コンサルタント、コメンテーター、声優

ショーンKさんは、
アイリッシュ・アメリカンジャパニーズと
熊本出身の母親の間に生まれているようですので、
ハーフであることは間違いないようです。

生まれはニューヨークですが、
11歳では日本に渡り、熊本県熊本市に居住をされて
いたようです。

出身高校は、熊本私立真和高校と偏差値60超えの
進学校のようです。

偏差値がかなり高い高校ですので、
私立ではありますが、学業の面では、
結構できる人だったのではないでしょうか?

ところで、今回文春がすっぱ抜いて問題になっているのが、
高校の後に進学したとしたされる大学です。

今までは公称の大学としては、
アメリカ・テンプル大学やハーバード・
ビジネス・スクール(MBA取得)など
早々たる大学の名前が上がっていました。

しかし、今回の週刊文春の記事発表以降に
オフィシャルサイトに下記の内容が記載されています。

テンプル大学ジャパンに入学後まもなく、
外部の人間にもオープンな大学講義を聴講するなど海外を遊学後、
大学には戻りませんでした。

つまり、
日本の中にある「テンプル大学ジャパン」
入学したけど

その後、聴講生として海外を遊んで歩いて、
結局大学卒業しなかったよ!ってことです。

その間に、
ハーバード・ビジネス・スクールで
MBA取得のは本当かもしれませんが、
学歴的には高卒扱いです。

ちなみに「テンプル大学ジャパン」は
東京にありますw

今回の週刊文春の記事発表を受けた後、
ショーンKさんは色々出演されていた番組を降板されて
いますが、事態収束には降板だけではダメなようです。

職業が、
経営コンサルタントですので、
一応取引をされている企業などがあったようですが、
今回の経歴詐称報道後、相次いで契約打ち切りの
申し入れがされているようです。

いかに、今までショーンKさんという人がらではなく、
学歴に惑わされて、コンサルを受けていた企業が
多かったのか?ということですね。

一番日本人が弱いところでもあるのではないのかな?と
個人的には思います。

ハーバード大学や東京大学出身など
権威のあるところを出ていたり、
権威のある職業に就いている人の意見は
自分で検証もせずに正しい
ととらえてしまう傾向は
日本人が高いようです。

権威性に踊らされてショーンKさんに
依頼していた企業からは今後、損害賠償なども
起きる可能性があります。

まだまだ事態の収束ができそうにありませんので、
今後の動向を見ていきたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

ショーンKの顔、特に鼻が気になる!?整形か?

週刊文春がショーンKさんについて
記事にした内容は実はもう一つあります。

それが、ショーンKさんの整形疑惑です。

「報道ステーション」などに出演されている
ショーンKさんが一番印象的なのが、顔立ちです。

ホリが深く、そして眉間の縦しわが深く刻まれています。
私も番組を見ながら、

「縦しわが刻まれているから、
仕事に厳しい人なのかな?」

と密かに思っていたのですが、
この縦しわを含めて実は整形や自分のトレーニングで
短期間に変えることができると知ってびっくりしました。

まず、ショーンKさんが整形かどうかチェックするために
過去の顔を調べてみました。

それがこちらです。

ショーンK 卒アル
週刊文春が集めてきた卒アルを含めた
ショーンKさんの顔写真のようですが、
高校時代からかなり顔変わっていますねwWW

しかも、もしかしたら
髪型や生え際もかなり違うように見えるので
増毛やかつらをかぶっている可能性もありますね。

最近のかつらは、
野々村議員がかぶっていたように
かなり精巧にできていて、高いモノであれば
自毛と見分けが付かないほどのクオリティのようななので
考えられなくはないですね。。

でも、一番変わっているのは
鼻ですね。

たぶん予測ですが、
プロテーゼなど鼻を高く、細くする手術を受けて、
ハーフで海外の大学を卒業したとされる経歴の信憑性を
高めたかったのではないでしょうか?

公式ホームページでは、
「急ごしらえのβ版のまま、長い期間、誤りが存在するまま放置されてしまいました。」
としていますが、この整形も戦略の一つだとしたら、
意図的にβ版のままホームページを放置していた可能性なども
考えられます。

ショーンKさんは、
学歴や整形以外にも
身長も公称170cmとされているが、
実は160cmちょっとしかないという噂もあり、
普段はシークレットブーツをはいているのではないかとされています。

この点が真実はどうなのか分かりませんが、
今まで憧れの大学を卒業して、経営コンサルタントとして
コメンテーターをつとめる人という憧れから疑心の対象に
世の中の”ショーンKさん”に対するイメージが
変わったのは明らかなようです。

もしかしたら、
テレビでもう見ることができない可能性も
考えられますが、今後のニュースで状況を見守りたいと思います。

SponsoredLink
SponsoredLink
Sponsored Links

こちらの記事も読まれています



サブコンテンツ

このページの先頭へ