アナザースカイに出演、小山薫堂の年収と金銭感覚が驚き!?

今晩ある「アナザースカイ」。

私も好きで毎回欠かさずみていますが、今回のゲストは、くまモンなどのゆるキャラや、「おくりびと」を手掛けた放送作家の小山薫堂(こやまくんどう)さんです。

番組では、小山薫堂さんのアナザースカイを彼の師匠と一緒に回るようです。

過去の記録を見ると、放送作家としての師匠らしい師匠はいなかったと言っていた小山薫堂さんの師匠が誰かも非常に気になるところですが、、、

今回は、

株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長 兼N35 inc代表、
そして、東北芸術工科大学教授、
株式会社下鴨茶寮代表取締役社長

など多彩な肩書を持っている

小山薫堂さんの収入がどのくらいなのか?

そして、小山薫堂さんの特異なお金の使い方、金銭感覚を調べてみましたー!

SponsoredLink
SponsoredLink

小山薫堂さんのプロフィール・Wiki!最初は失敗ばかり?

本名     小山 薫堂
別名     うどん熊奴
誕生日     1964年6月23日(51歳)
出身地     熊本県天草市(旧本渡市)
主な作品
テレビドラマ     『東京ワンダーホテル』
映画     『おくりびと』
受賞 日本アカデミー賞・読売文学賞

小山薫堂さんって本名だったんですね。。

すごく変わった名前だったので、てっきり芸名かとばかり思っていました。

熊本出身の小山薫堂さんですが、学生時代を天草市立本渡中学校、熊本マリスト学園高等学校、

そして、日本大学藝術学部放送学科で過ごしています。

行きたい学校という理由で受けるのが普通だと思うのですが大学受験を色々なホテルに宿泊したかったからという理由で、

日本各地の私立大学を受けたのが、小山薫堂さんらしい理由だなぁ~感じました。

その中で、最終的に日本大学藝術学部に合格し、大学時代、先輩に誘われて文化放送でADをしたのがきっかけで放送作家の業界に入っています。

大学時代には、既に創作を行っており、卒業制作は、「普通の生活」でした。

姫路 – 東京間を往復する放送作家長谷川勝士と、北海道帯広に住むソーセージ職人との往復書簡を軸に描いたビデオ作品を作っています。

この頃の経験や身につけたスキルで、その後放送作家以外にも、TVドラマ・映画脚本や小説の執筆、作詞、プロモーション企画の立案など多方面で活躍をされています。


小山薫堂さんの収入は?放送作家って儲かるの?

知らない業界や職業だと、ついつい気になるのが収入ではありませんか?

AKBプロデューサーの秋元康さんも、放送作家なのですごく稼いでいるイメージがありますが、収入はピンキリのようです。

番組一本当たり5万円~20万円位。
ベテランで1本は、15~20万円位。
売れっ子作家は、10~12万円位。
若手は、5万円位。

普通のサラリーマンからしたら稼いでいるようですが、フリーランスとしての立場で行うには収入がおぼつかない危険性がありますね。。

小山薫堂さん自身も「放送作家の報酬基準は曖昧。」と過去におっしゃっています。

そんな不安定な業界の中で生き残り、情熱大陸のスタッフが「これほど多忙な男がいるだろうか?」というほど

忙しい毎日を送り、放送作家・脚本家以上に、多岐にわたる仕事、企業や官公庁、レストランやホテルのアドバイザーを行い。

得意ジャンルは、“食”にはじまり、イベントや商品のプロデュース、

ファッションから生き方の指南まで、幅広い仕事をこなしている小山薫堂さん。

彼の収入は一般的な放送作家の収入とは比べ物にならないくらい多いのではないかというのは、こなしている仕事量からも容易に想像ができると思います。

具体的にいくらが年収です!という情報は、出ていませんが、その収入を想像する一端として小山薫堂さんのお金の使い方があります。

「財布は持ちません。カードは1~3軍に仕分けます」

「会食に行くときに邪魔」なので財布は常に使わず、エンリーベグリンの名刺入れに「1軍」と名づけた普段よく使うクレジットカード数枚と3万~5万円の現金を入れている。

名刺を出すときに現金が見えるのだけが難点とか。

ほかに「2軍」カード入れに一澤信三郎帆布製の名刺入れ、「3軍」はオレンジ色のポーチ に入れ、定期的に昇降格させる。小銭は小銭入れで管理。

クレジットカードは、普通の人は持って2~3枚。

法人用のカードがあったとしても、5枚程度でしょう。

でも、小山薫堂さんは、一軍カードだけで数枚、そして、それとは別に2軍・3軍カードがある。

少なく見積もって10枚以上はあるのではないのでしょうか?

ただ、よくよく確認していくと、クレジットカードと一緒にポイントカードなども50枚一緒に常に持ち歩くという堅実さもお持ちのようです。

いくらお金があってもザルですくうようにドンドン使っていくと無くなってしまいますが、いくら稼いでも、仕事を楽しみ、お金を堅実に使う小山薫堂さんの姿に頭が下がりますね。

SponsoredLink
SponsoredLink