【動画あり】吉高由里子の蛇にピアスが話題!?壮絶な過去を激白!

SponsoredLink
SponsoredLink

蜷川幸雄が監督をされて2008年に映画化された
蛇にピアス」が今更ながら話題になっています。

その原因を探っていくと、
雑誌「文藝春秋」8月号(2014年8月発売)
吉高由里子さんが語った壮絶が過去が注目を
集めたためのようです。

吉高由里子さんの壮絶な過去とはどんなものか?
また、「蛇にピアス」とはどんな映画なのか?
無料視聴できる動画を交えながら、
お伝えします。



吉高由里子のプロフィール!

本名:早瀬 由里子(はやせ ゆりこ)

芸名:吉高由里子(よしたかゆりこ)

生年月日: 1988年7月22日(27歳)

出身地: 東京都

身長 :158cm

体重:49kg

スリーサイズ: B85 W63 H88

血液型: O型

出身高校:都立深沢高等学校

職業:女優

事務所:アミューズ

活動期間:2004年 –

家族構成:父、兄、そして祖母の4人暮らし
※ご両親は離婚をされているようで、
 母親は蒸発したとのウワサもあります。

プロフィールだけでも、
過去の壮絶さを感じさせる吉高由里子さんです。

ウワサの範囲内ですが、
母親が蒸発って、ドラマ以外で
そうそうある話ではないと思います。

両親は広島県出身者のようですので、
行方不明になっている母親も、
案外広島で元気で暮らしているような気もしますが。。。

そんな実生活も普通とは違う過去を持っている
吉高由里子さんですが、

デビューのきっかけは、

高校1年の時に、原宿でスカウトされたこと

のようです。

スカウトされた時のことを、
吉高さんが語っている内容がありましたが、

スカウトマンは、遠足の帽子を買いに来た
吉高さんをぴったりとマークして、
まるで万引きGメンだったようです^^;

スカウトされた瞬間も、
棒と棒の間に挟まった状態の女性の方から
声をかけられたようです。

やはり普通ではありませんね。。

その雰囲気を見切ったスカウトマンもすごいですね。。

動画あり!吉高由里子の「蛇にピアス」はどんな話?!

こちらが「蛇にピアス」のプレビュー動画です。
全部を動画で見たい場合は、U-NEXTなら無料で視聴できるかもです。

なお、「蛇にピアス」のあらすじは、次のようなものです。

19歳のルイは、渋谷の街を何をするでもなくふらついていました。
そんな毎日に刺激を与えたのは、クラブで出会ったアマという男でした。

彼は赤毛のモヒカ ンに、眉と唇にはピアス、背中には大きな龍の刺青を入れていました。
そして、彼の最大の特徴は、蛇のように二つに割れた舌、スプリットタンでした。

ルイは アマのスプリットタンに惹かれ、そして自分とは全く違う世界に住む彼自身にも惹かれ始めます。
自身もスプリットタンにしたいというルイを、アマは怪しげな タトゥーショップへと連れて行きます。
その店の店長・シバは顔中にピアスを付け、体には様々な刺青を入れたパンクな風貌の彫師でした。
ルイはシバに頼んで 舌に穴をあけてもらい、拡張を繰り返して穴を大きくしていきます。
さらにルイはアマやシバのように最高の絵を自分の体に刻みたいと願うようになります。

サ ディストのシバは、ルイにマゾヒストの要素を見出し、セックス1回で刺青を彫ることを了承します。
彼女が選んだ絵はアマの龍とシバの腕に入った麒麟の絵で した。

ルイは、アマと一緒に暮らしながらも、シバとひそかに関係を続けます。
彼らとの恋愛と、ピアスと刺青による痛みだけが、生きる意味が見つからない不 安で
空虚な毎日から彼女を救ってくれていたのでした。

心地よくて危ない一瞬一瞬を重ね、ルイは毎日を生きていたのでした。
そんなある日、アマが行方不明に なり、数日後、無残な姿で発見されます。
この事件をきっかけにルイの心は壊れていき、
彼らの運命は思わぬ方向へと突き進んでいくのでした・・・。

(引用元:今度のロボットはおじいちゃん!?~映画「ロボジー」~)

この映画に出演することで、
次々いろんなものに出演されはじめる
吉高由里子さんですが、

実は「蛇にピアス」には、
吉高由里子さんの壮絶な過去が存在するようです。



蛇にピアスの起用理由は吉高由里子の度胸の良さ?!

吉高由里子

映画「蛇とピアス」には、
オーディションの時から、
吉高さんの話題になる逸話があります。

まず1つ目は、
オーディションの時に吉高由里子さんが
頼まれてもいないのに裸になったということです。

彼女が裸になった理由は、
映画のほとんどの場面が裸のシーンなのに、
オーディションで裸を見なくてもいいのか?!という
もっともな理由によるものだったようです。

監督をされた蜷川さんも圧倒されたようですが、
このこともあり、もしかしたら吉高由里子さんを
起用したのかもしれませんね。

女性で頼まれてもいないのに
衆人環視の中、裸になるってすごい勇気があると
思いませんか?

その度胸がかわれて、
現在も芸能人に残ることが出来ているのかも
しれませんね。。

蛇にピアスでの吉高由里子伝説とは?!

実は映画「蛇とピアス」ですが、
吉高由里子さんに壮絶な事故が襲ったという事実が
あるようです。

彼女は、
なんと映画「蛇にピアス」の主演が決定した翌日に
交通事故に遭い、全治半年の大怪我を負ったのだそうです。

ケガは、ICUでの5日間の治療が必要だったようですから
かなりひどかったと思われます。

その時のことを
吉高由里子さん自身、次のように語っています。

「ICUで隣のベッドの人が亡くなっていく姿を
目にして怖いと思ったり、

あまりの痛みに無意識のうちに唸っていて、
その自分の声で目が覚めることもあった」

それまでは生への執着はなかったようですが、
この事故をきっかけに生きることに対しての
大切さを学んだようですね。

その生への執着のおかげか、
全治半年のケガをわずか1ヶ月半で治したという
伝説が残っているようですね^^;

これが事実なら、
すごい生命力ですね。。。

まとめ

吉高由里子さんが出演された
映画「蛇にピアス」について調べていくと、
彼女の壮絶な過去、そしてすごい生命力を感じる
吉高由里子伝説がありました。

この時の勇気と体験があるからこそ、
今芸能界という現場で吉高由里子さんは
頑張れているのかもしれませんね。。

今後も活躍をされると思いますので
見守っていきたいと思います。



SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ