【フジテレビドラマ】ナオミとカナコの第1話ネタバレ!?

SponsoredLink
SponsoredLink

本日10時より幻冬舎から販売されている「ナオミとカナコ」をドラマ化したフジテレビ系木曜10時、冬ドラマが放映開始されます。

メインキャストとしては、広末涼子さんと内田有紀さん、そして今飛ぶ鳥を落とす勢いの吉田羊さんです。

冬ドラマのせいかテーマはアングラな感じで、

第1話から【いっそ二人で殺そうか、あんたの旦那…】という内田有紀さんが演じるDV夫に対する復讐劇から始まるようです。。

本日のドラマがどうなるのか予想するために原作本の内容などをまとめてみました。



原作本「ナオミとカナコ」は高い評価?!

奥田 英朗さんが書かれた原作本。「 ナオミとカナコ」ですが、

Amazonで確認したところ、5つ星に近い評価をえて80名以上の人が批評するほど人気が出ていました。

hyouka

昨年11月の段階で既にドラマ化することが報道されていたことも、高評価になる要因の一つかもしれません。

私も実際、取り寄せて途中まで読んでみましたが、かなり引き込まれるストーリー展開でハラハラした感じが手に汗を握ります。

この原作本をどのように広末涼子さんと、内田有紀さんが演じるか非常に楽しみですね^^



ナオミとカナコの第1話ネタバレ

原作本から読み取れる大筋のストーリー展開は、

広末涼子さんが演じる主人公:小田直美。

内田有紀さん演じる夫のDV(ドメスティックバイオレンス)に悩まされる主婦:服部加奈子。

この2人が、銀行マンである加奈子の夫:達郎が日々のストレスのうっぷんを吐き出すために、

加奈子に暴力をふるい続け、そのことに気づいた直美が、加奈子に離婚を進めるものの、夫からの復讐を恐れ、逃れることができない状況に加奈子が陥っていた。

そんな折、直美の会社で中国華僑の金持ち相手にしたデパート販売イベント開催される。

イベントの最中に、数百万円の高級腕時計が盗まれる窃盗事件が発生する。その犯人として有力候補に挙がったのが、食品会社経営の李朱美。

犯行追求をしている最中、朱美経営の中国食品会社を訪問すると、従業員として働く不法滞在者中国人が達郎そっくりだったことからすべての計画が始まる。

親友である加奈子をDV夫から解放すべく始まる達郎を殺して、中国人と入替る作戦!

果たしてその計画がうまくいくのか?加奈子と直美はラストどうなるのか?脚本がどの程度、原作に忠実なのか?それともオリジナリティを出していくのか非常に楽しみです。



SponsoredLink
SponsoredLink

こちらの記事も読まれています

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ