【アブナイ夜会】春水堂の「タピオカミルクティー」が最高な理由とは?!

春水堂といえば、タピオカミルクティー発祥の店として台湾で人気のカフェチェーンです。

「はるすいどう」って読んでしまいがち、、、

というか堂々と呼んでました(;’∀’)

正しくは『春水堂(ちゅんすいたん)』でした。。

2013年7月27日に実は既に日本1号店が、代官山にオープンしています。

オープン初日には、タピオカが売り切れる大人気となったようです。

[pc]
SponsoredLink
SponsoredLink

[/pc] [sp]
SponsoredLink

[/sp]

春水堂のタピオカミルクティーは、HISでも大絶賛?!

春水堂のメイン商品ともいえるタピオカミルクティーですが、実はHISの密かに行われたランキングでも1位になっています。

99848_0_400

ランキングを選んでくれたのは、台湾在住の映画ファンで、日本人観光客にぜひ食べてもらいたいと思う台湾料理として堂々の1位にタピオカミルクティーがかかげられています。

お客様の声としては

 ■おいしさの秘密は飲んでみれば分かります!

ダイエットはまだ後で♪

■甘すぎず、くどすぎず、飲みやすいタピオカミルクが大好き!

と甘い誘惑の声が上がっているようです。

それでは、なぜ春水堂のタピオカミルクティーが人気なのでしょうか?

その理由をチェキしてみました!

SponsoredLink
SponsoredLink

春水堂のタピオカミルクティーの人気の理由は、お茶の選定にあり!!

春水堂(チュンスイタン)ですが、

タピオカミルクティー発祥の店として本場台湾でも国民的な人気を誇っているお店です。

創業は1983年で、台湾では38店舗を展開中で、日本でも3年あまりの間に5店舗を展開している助教です。

それでは、なぜ「春水堂」が人気なのでしょか?

調べてみると「春水堂」が人気の秘密は、時代に合わせて革新的なお茶の飲み方を追求していることのようです。

老舗だからとあぐらをかかず、常にお客様に合わせて、時代に合わせて躍進する。

それと同時に「お茶マスター」認定制度を設けお茶の文化継承と味へのこだわりもなくさない。

「お茶マスター」は厳しいトレーニングを受け、その上でテストに合格した社員だけに与えられる厳格な社内資格となっています。

しかも、「春水堂」では、「お茶マスター」の資格を持つ社員しかドリンクを作ることを許さ れていないという。

また、商品の素材・品質にも徹底的なこだわりをみせ、使う素材は、無添加のみ!よく使われている香料やフレーバー・防腐剤が一切使用されていません。

商品の安全性は元より、風味・お客様の健康にも配慮していて、ドリンクに使用するシロップは天然キビ砂糖を使用し、店舗ごとに製造しています。

この徹底ぶりが人気が人気をよんでいる秘密だと思いますよ。

ザージャー麺もおススメです。

[pc]
SponsoredLink
SponsoredLink

[/pc] [sp]
SponsoredLink

[/sp] o0640048013116474917